「WAF デメリット」から探す!IT製品・セミナー情報

「WAF デメリット」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「WAF デメリット」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説WAF【Web Application Firewall】とは?

WAF(Web Application Firewall)はWebアプリケーションに対する不正な通信を食い止めるためのシステム。Webアプリケーションの脆弱性を狙う既知の攻撃パターンを記憶し、不正通信を検出/ブロックするばかりでなく、正当な通信パターンも記憶して、そのパターン以外の通信はブロックする使い方ができる。攻撃パターンに照らし合わせる運用を「ブラックリスト方式」、正当な通信パターンに照らし合わせる運用を「ホワイトリスト方式」と呼ぶ。

「WAF デメリット」に関する特集



 本稿ではSaaS型WAFサービス(以下、SaaS型WAF)にどのようなメリットとデメリットがあるかを解説する。参考にするSaaS型WAFはセキュアスカイ・テクノロジー(以下、弊社)にて提供するScutumとなる。若干他社のSaaS型WAFサービスとは異なる点があると思われるため、導入に際しては、事前に各ベンダに確認していただきたい。


カテゴリ  WAF |




 Webアプリケーションファイアウォール(以下、WAF)は、大きく「ハードウェア型」と「ソフトウェア型」の2つが存在していた。しかし、近年WAFの提供形態として新しい動きが出てきている。それはSaaS型のWAFサービス(以下、SaaS型WAF)だ。WAF自体はもう10年以上前から存在しているテクノロジーであるが、いくつかの課題があり、一部の大規模なWebサイトにしか導入がされていなかった。その問題をクリアして登場したのがSaaS型WAFなのだ。 これから4回にわたり、SaaS型WAFの動向やメリット・デメリットについて解説していく。


カテゴリ  WAF |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「WAF デメリット」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ