「vsan hci 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「vsan hci 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説SANとは?

SANは「Storage Area Network」の略で、サーバにストレージ用のネットワーク環境を提供する仕組みのことを指す。SANを導入すると、ストレージ装置はサーバから独立することになり、複数のサーバのデータを集中管理することが可能になる

「vsan hci 違い」に関するIT製品情報

仮想化基盤のリソース枯渇を解消、山形銀行がvSANベースのHCIで得た2つの効果

株式会社日立製作所

山形銀行は、約150の業務システムの運用効率化を目指し仮想化基盤への移行を推進中だが、「リソース枯渇」という新たな課題に直面。拡張性やバックアップなどの面で問題を抱えてしまった。どのようにして仮想化基盤の課題を解消したのか。

国内4社のvSAN導入事例に学ぶ、性能・運用効率に優れたITインフラ構築のコツ

ヴイエムウェア株式会社

VMware vSANをベースとしたハイパーコンバージドインフラ(HCI)が世界1万4000 社以上に導入されるなど、ITインフラの改善策としてvSANに注目する企業は多い。 そこで国内4社の事例から、vSAN活用のポイントを探った。

「vsan hci 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。