「VPN 費用 比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「VPN 費用 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「VPN 費用 比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「VPN 費用 比較」に関するIT製品情報

ConnectPlus IP-VPN  2013/02/15


シンガポールテレコム・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  通信サービス
価格 参考価格 回線速度:0.5Mbps、税別アクセス回線種別:専用線東京〜上海:月額費用15万円〜東京〜バンコック:月額費用15万円〜

カテゴリ  IP-VPN | WAN | インターネットVPN | モバイル通信サービス

製品概要  価格競争力の高い国際IP-VPNサービス。豊富なアクセス回線種別に加えて、海外拠点側のTV会議システムやWAN高速化装置の導入から保守運用までワンストップで対応。

オススメユーザー  特にアジアやBRICsに強い、セキュアで高品質なグローバルIP-VPNやICTをお探しの企業。


ECO-CONNECT  2014/04/01


フリービット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 1拠点あたり 月額 2480円(税抜)〜※機器費用は別途

カテゴリ  IP-VPN | インターネットVPN

製品概要  NTTフレッツ網(地域IP網)を利用した閉域型接続サービス(エントリーVPNサービス)。インターネットを経由せずに拠点間通信を行うため、安全で安価なネットワーク構築が実現。

オススメユーザー  安全な拠点間通信ができるネットワークを検討中の企業。インターネットVPNよりもセキュア、かつ通信コストを軽減したい企業。


AQStage ネットワーク モバイルアクセス  2014/03/15


エヌ・ティ・ティ ネオメイト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  通信サービス
価格 ●月額料金1IDあたり/税別/初期費用別途クローズ型ライトプラン 800円クローズ型スタンダードプラン 5000円オープン型 1500円

カテゴリ  リモートアクセス | MDM | IP-VPN | インターネットVPN | 広域イーサネット | ネットワーク管理

製品概要  プライベートネットワークをモバイル環境で実現するサービス。閉域網から接続する「クローズ型」と、インターネットを経由して接続する「オープン型」の選択が可能。

オススメユーザー  高セキュリティなモバイルアクセスを定額料金で行いたい企業。


社内ファイルサーバサービス  2015/03/31


JECC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■社内ファイルサーバサービス 1TBモデル・初期費用 5万円・月額費用 5万5000円(税別価格)

カテゴリ  ファイルサーバ |

製品概要  ・L2-VPN付きのクラウド型大容量Windowsファイルサーバ・ドメイン参加、Active Directory連携を簡単に実現・500GB〜10TBの大容量ディスク

オススメユーザー  ファイルサーバのクラウド化を検討している企業


リモートアクセスサービス 「Soliton SecureBrowser サービス」  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■クラウドプラン(クラウドWebアプリ)初期費用: 10万円 /サイト月額費用: 3万円 /100ユーザー※年額費用は36万円 /100ユーザー※税別

カテゴリ  リモートアクセス | タブレット | スマートフォン | 認証

製品概要  VPN機能内蔵のセキュアブラウザにより、「社内へのリモートアクセス環境」「クラウドアクセスのセキュリティ強化」「端末からの情報漏えいの防止」の3つを同時に実現。

オススメユーザー  クラウドでもイントラネットでも、社員のセキュアなWebアクセスを手間なく実現したい企業の管理者。


「VPN 費用 比較」に関する特集



 前回(第1回)は、過去10年間の売上高に占めるIT費用比率の変化を示した。見事なまでの減少である。この間日本のGDPはほぼ横ばいなので、乱暴な言い方ではあるが、企業の売上は増えていないと仮定すれば、比率の減少は絶対額の減少を意味する事になる(※注1)。 更に保守運用費と呼ばれるコストは、IT総予算の70%弱(2003年当時)から53%(2012年)に下がっている。保守運用コストに限るならば、この10年間で約1/3に減少したと言える。 やはり一番の貢献はハードウェアの技術進歩である。 先ずネットワークは専用回線から、VPNやインターネット利用の割合が増え急速に費用が逓減した。そして最も影響したのはダウンサイジングと称して、汎用大型機(メインフレーム)がオープンシステムに置き換えられた事だろう。これには単なるハードウェアの価格だけではなく、付随するソフトウェアの価格や保守料、関連サービスの価格とも連動してくるので、結果、絶対額の減少に大きく影響する。クライアントPCの価格低下や集中購買、リース料と保守・サービスのパッケージ化等も大いに貢献している。以下の図は、売上高100億円以上、1兆円未満の企業15社の保守運用コストの内訳である。(JUASソフトウェアメトリックス調査2013に加筆)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「VPN 費用 比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ