「VMWARE 仮想化とは」から探す!IT製品・セミナー情報

「VMWARE 仮想化とは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「VMWARE 仮想化とは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説仮想化とは?

仮想化とは、コンピュータやネットワーク、ストレージ、アプライアンスなどを物理的なシステム構成で管理するのではなく、論理的なシステム構成で管理することを指す。最初に仮想化技術が普及し始めたのは、サーバの世界から。仮想サーバを導入すると、1台のサーバの中に複数の論理サーバを設定することができ、あたかも複数のサーバが同時に稼働しているように使うことができる。次にストレージとクライアント/デスクトップの分野にも仮想化技術が導入されるようになった。デスクトップ仮想化では、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザはさまざまなデバイスを使って、LAN やインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる。キーボードやマウスの操作に応じて、サーバ上で実行されている仮想クライアント OS の画面情報が手元のデバイスに転送され、ローカル環境と同じようにデスクトップを操作できる。また、ストレージ仮想化では、ネットワークを含むシステム全体の中に点在しているストレージ(内蔵ハードディスク、NAS、SANなど)を単一の論理空間(ストレージプール)として1つに統合し、各サーバは必要なストレージ容量を仮想ディスクとしてストレージプールから自由に調達できる。そして、2013年ごろからようやくネットワークの世界にも仮想化技術が導入されるようになり、ソフトウェアで通信経路を制御できるSDN(Software Defined Network)に注目が集まっている。

「VMWARE 仮想化とは」に関するIT製品情報

Acronis Bakcup for VMware  2015/01/01


アクロニス・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:6万円〜(税別) ※価格はCPU単位

カテゴリ  バックアップツール | サーバー仮想化 | その他仮想化関連 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | 統合運用管理

製品概要  VMware vSphere環境に特化したバックアップ&リカバリソリューション。管理サーバの構築は不要。簡単・低コスト・スピーディに仮想マシンのバックアップを開始できる。

オススメユーザー  ●小規模なVMware vSphere環境のバックアップを検討されている企業●物理環境からVMware vSphere環境への仮想化を予定している企業


vRanger  2013/09/01


デル・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成:9万8000円〜(税別、初年度保守料込)

カテゴリ  バックアップツール | その他仮想化関連 | その他ネットワーク関連 | 統合運用管理

製品概要  VMware環境のデータ保護に最適化されたバックアップ/レプリケーションソフトウェア。独自のABM技術でバックアップ取得対象のデータサイズを削減し、高速化も実現する。

オススメユーザー  VMware環境のバックアップ/レプリケーションをシンプルに、かつ高速に行いたい企業。


Symantec Backup Exec 2012  2013/10/02


シマンテック

企業規模  中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 18万200円(税別、サポート1年間含む)〜

カテゴリ  バックアップツール | Windows | データベースソフト | サーバー仮想化 | ストレージ仮想化 | 統合運用管理

製品概要  効率的なデータ保護・リカバリを実現するWindowsサーバ向けバックアップソフト。VMwareやHyper-Vの仮想環境や各種DB、アプリケーションに対応する。

オススメユーザー  手間やストレージコストを削減しながら、仮想環境やDB、アプリケーションなどの各種サーバをバックアップしたいユーザ。


ManageEngine(R) OpManager  2014/12/15


ゾーホージャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 年間ライセンス:23万4000円(監視対象数50装置)〜通常ライセンス:51万9000円(監視対象数50装置)〜※税別

カテゴリ  サーバー管理 | サーバー仮想化 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  仮想サーバ(VMware、Hyper-V)、物理サーバ、ネットワークを単一ツールで監視できる中〜大規模ネットワーク向け統合監視ツール。コストパフォーマンスの高い管理を実現。

オススメユーザー  一般企業から官公庁・自治体・教育機関など。物理/仮想化環境の一元監視、エージェントレスのサーバ監視を行いたい方。


「VMWARE 仮想化とは」に関する特集



 仮想化はクラウド・コンピューティングを発展させる基盤技術であり、データセンタを統合しITの運用を効率化する。これにはVMwareやXenなどのサーバ仮想化、ストレージ仮想化、データベース仮想化、アプリケーション/ソフトウェア仮想化などがある。今回の連載ではサーバ仮想化のうち、企業で最も使用実績があるVMwareでの仮想化環境におけるセキュリティ対策の実際を紹介する。


カテゴリ  その他仮想化関連 | その他ネットワークセキュリティ関連




 ヴイエムウェアの進藤資訓氏は「VMware NSXと仮想ネットワークの未来」と題する講演を通じて、ネットワーク仮想化製品「VMware NSX」の今後の進化の方向性を紹介した。


カテゴリ  SDN |




 VMwareに代表される仮想化テクノロジは、既にITインフラストラクチャ検討において当然のこととなり、導入期から発展期を迎えていると言えるだろう。クラウド事業者においては既に仮想化テクノロジなしのインフラ検討はありえないだろうし、規模を問わず一般企業においても検討フェーズが終わり、実際の導入が開始されているのが現状であろう。 今更ながらではあるがここで仮想化テクノロジ導入のメリットをおさらいしておこう。従来から言われているのは、以下のようなものであった。


カテゴリ  サーバー仮想化 | ファイアウォール


「VMWARE 仮想化とは」に関するニュース



 シナジーは9月6日、VMware環境向けバックアップソフトウェア「Archiware Pure」を発売した。Archiwareが提供する本ソフトウェアは、VMware環境下の仮想マシン(VM)の1つとして動作し、同じホスト上に同居する各種仮想マシンをバックアップする。仮想アプライアンスのため5分程度で導入できるほか、Webブラウザか…


カテゴリ  バックアップツール | その他仮想化関連




 カスペルスキーは、仮想化環境用セキュリティ製品「Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless」英語版の新版(バージョン4.1.0.47)の提供を6月29日に開始した。価格は、最小構成で16万円/1CPUあたり(税別)。本製品は、VMwareのネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」で構築したエンドポ…


カテゴリ  アンチウイルス | その他仮想化関連 | IPS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「VMWARE 仮想化とは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ