「VENDAVOとは」から探す!IT製品・セミナー情報

「VENDAVOとは」 に近い情報
「VEN」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「VENDAVOとは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「VEN」に関するIT製品情報

データ損失防止ソリューション『RSA Data Loss Prevention』  2013/07/16


EMCジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DLP | ワークフロー | データ分析ソリューション | データセンター運用 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  ITインフラを横断的に監視し、重要データの流出を阻止する。タイムリーに保護すべき重要データを発見、適切にコントロールすることで、漏えいによるビジネスリスクを低減。

オススメユーザー  ■総合的な情報漏えい対策を考えている、 または情報保護意識の高い企業 ■エンドポイント偏重の対策では不十分だと感じている企業


Dell SonicWALL Aventail E-Class SRAシリーズ  2014/03/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  リモートアクセス | タブレット | スマートフォン | 認証 | ワンタイムパスワード

製品概要  複数の認証機能とポリシー管理機能で、スマートフォンなど様々なデバイスをきめ細かく制御。セキュアで効率的なリモートアクセスを実現するアプライアンス。

オススメユーザー  スマートフォンなどを業務活用したい企業BYODの導入やBCP対策を行いたい企業1台で高セキュリティのリモート接続を実現したい企業


セキュリティイベント監視・分析 GFI EventsManager  2015/11/01


ネクスト・イット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●参考価格50ライセンス:183万7500円 100ライセンス:350万円※税別

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

製品概要  LAN上にインストールし接続されているすべてのハードウェア、ソフトウェアが生成するログをイベントとして収集し一元管理できる。ログの解析、削除などの自動処理も可能。

オススメユーザー  ネットワークセキュリティ、法令遵守、あるいはフォレンジック調査などで「イベントの監視・分析・管理」を検討中の企業。


イベント運営支援アプリ「Smart at event」  2017/03/15


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■BASICプラン:利用回数1回、1イベント参加者500名まで20万円 ※税別

カテゴリ  受付システム | その他スマートデバイス関連 | その他情報システム関連 | CMS

製品概要  スムーズな受付はもちろん、事前登録や案内メール、後日のフォローアップやアンケートまで、イベント運営にまつわるさまざまな業務をサポートするイベント運営支援ツール。

オススメユーザー  セミナーなど、イベントの受付や参加者管理、アンケートなどの運営業務を効率化したい企業の担当者。


人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory)  2017/06/01


ワン・オー・ワン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ■初期構築費用 無料■月額料金 5400円〜※税別※無償トライアルあり

カテゴリ  人事管理システム | その他基幹系システム関連

製品概要  社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。

オススメユーザー  社員の能力/価値観/モチベーションなどを把握し、戦略的な人材育成やマネジメントを実施したい企業。


「VEN」に関する特集


Watchers
「DLP」シェア  2014/09/16

14億円規模と見込まれる2013年度の国内DLP(Data Loss Prevention)市場。過半数の市場占有率で1位を獲得したベンダとは?


カテゴリ  DLP |




 前回は、「リソース(KR)」について説明させていただきました。第10回の本記事では、9つの要素の中の最後の2つ、「収益の流れ(Revenue Streams:以降RSもしくはR$と略称)」と「コスト構造(Cost Structure:以降はC$と略称)」について説明します。


カテゴリ   |




 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、トロイの木馬が悪用される。ほとんどのものが既知のマルウェアであるが、攻撃者によりウイルス対策ソフトウェアでは検出されないよう巧妙に作成されている。この傾向は、標的型攻撃に限らず、マルウェア全般に言える傾向かもしれない。このことは、私たちユーザ個人がマルウェア感染に気付く術がほとんどないことを示している。 そのような中、近年注目されているのが、第2のセキュリティ対策製品である。端末へインストールするタイプのものでは、脆弱性の悪用を未然に検出する製品や、DLP(Data Loss Prevention:情報漏洩防止対策)、暗号化製品が注目されているようだ。また、ネットワーク上に設置するものでは、アプリケーション層の監視を得意としたものや、実行ファイルの挙動をチェックするものなどが注目されている。いずれも単体での有効性では限界があるかもしれないが、従来のセキュリティ対策と異なる視点での監視ができるため、上手く長所を組み合わせることでのセキュリティ補強は期待できそうだ。そこで、本稿では今時のマルウェアに感染した際に発生する通信とその検出方法について解説していこう。


カテゴリ  IPS |


「VEN」に関するニュース



 ファイア・アイは、セキュリティ運用を単純化・統合化・自動化するプラットフォーム「FireEye Helix」の提供を全世界で開始した。Helixは、次世代ファイアウォールやアンチウイルス、SIEM(Security Information and Event Management)など、300以上のセキュリティツールとの技術統合とともに、セキュリティ技術…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合運用管理




 イー・エージェンシーは、EC事業者向けに、中国やASEAN地域の主要モールへの出店を支援するサービス「中国・ASEAN EC DESK」の提供を開始した。本サービスの対応ECモールは、LAZADA、TMALL(天猫)、TMALL global(天猫国際)、JD.COM、Taobao、The Store、elevenia、MATAHARI Mall、tokopedia、blibli、Qoo10、…


カテゴリ  EC |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「VENDAVOとは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ