「VDI SBC違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「VDI SBC違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「VDI SBC違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説VDI(仮想デスクトップ)とは?

VDI (Virtual Desktop Infrastructure)とは、これまでエンドユーザの手元にあったOS/アプリケーション/データをサーバ側に集約し、実行処理の結果のみをエンドユーザ側のデバイスに返す仕組みのこと。サーバ上に、複数の異なるOSを実行可能にする仮想化ソフトウェアを利用してデスクトップ環境を構築し、エンドユーザ個々の利用デバイスと1対1で紐付ける。エンドユーザは手元のデバイスのキーボードやマウスを使って、通常は処理の実行命令を出す操作のみが認められることになる。シンクライアントも同義語として使われている。

「VDI SBC違い」に関するIT製品情報

クライアント操作ログ管理「MylogStar(マイログスター)」  2013/11/15


ラネクシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ベースライセンス:48万円〜- 1サーバ:9万8000円〜- 1ユーザ:7200円〜※保守費用は別途定価の20%※上記定価は税別

カテゴリ  統合ログ管理 |

製品概要  収集・保存・分析をワンストップで実現するログ管理ソフト。物理/シンクライアント/仮想デスクトップが混在する環境でもログの一元管理が可能。外国語版Windowsにも対応。

オススメユーザー  クライアントPCやサーバ、仮想環境(SBC、VDI)の操作ログを管理してセキュリティ対策を強化したい企業。


ログソフトウェア「IVEX Logger Series」  2014/10/15


アセンテック+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  仮想・物理環境問わず、Windows OS上での操作ログを生成・取得する製品。接続元の端末情報などの詳細ログ、仮想・物理混在環境でログを取得し、一元管理が可能。

オススメユーザー  クライアントPC・サーバ・VDI・SBC・リモートアクセス・仮想化(シンクライアント)環境で操作ログを取得したい企業。


「VDI SBC違い」に関する特集



実はROIが高く業務活用に適しているデスクトップ仮想化。業務にあった“方式”を選択できればコスト高に陥るリスクも避けられる。今回はSBC方式と仮想PC(VDI)方式のメリットデメリット、運用上の落とし穴を紹介。


カテゴリ  VDI |




2012年、97億円と見込まれる同市場。SBCによる採用からVDI環境での大規模な採用の増加で裾野が広がる中、1位となったベンダは?


カテゴリ  シンクライアント |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「VDI SBC違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ