「VDI DAAS 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「VDI DAAS 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「VDI DAAS 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説VDI(仮想デスクトップ)とは?

VDI (Virtual Desktop Infrastructure)とは、これまでエンドユーザの手元にあったOS/アプリケーション/データをサーバ側に集約し、実行処理の結果のみをエンドユーザ側のデバイスに返す仕組みのこと。サーバ上に、複数の異なるOSを実行可能にする仮想化ソフトウェアを利用してデスクトップ環境を構築し、エンドユーザ個々の利用デバイスと1対1で紐付ける。エンドユーザは手元のデバイスのキーボードやマウスを使って、通常は処理の実行命令を出す操作のみが認められることになる。シンクライアントも同義語として使われている。

「VDI DAAS 違い」に関するIT製品情報

クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS  2016/11/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用:なし基本サービス月額:  Standard VDI @3800円 × 20 ID  Feather SBC @1980円 × 20 ID※税別

カテゴリ  VDI | シンクライアント

製品概要  「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。

オススメユーザー  シンクライアント/VDI環境をコストや運用負荷をかけずに導入したい企業や、とりあえず始めてみたいと考えている企業。


「VDI DAAS 違い」に関する特集



セキュリティを担保し、管理負担を軽減するVDI。導入時のイニシャルコストが大きな負担になっていたが、月額料金で仮想デスクトップ環境を実現できる「DaaS」が市場を拡大中だ。3つの導入メリットから徹底レポート!


カテゴリ  VDI |




デスクトップ仮想化で特に「仮想PC方式」で導入障壁になりがちなコスト課題。ストレージコストやライセンスコストの削減手法、運用管理工数を削減する機能、DaaS利用など…活用シーンに応じたコスト抑制策を考える。


カテゴリ  VDI |


「VDI DAAS 違い」に関するニュース



 富士通株式会社は、モバイル活用時の印刷環境の利便性向上と仮想デスクトップ利用時のセキュリティ強化を支援するサービスとして、「FUJITSU Cloud Service Print Anywhere」(Print Anywhere)と、「FUJITSU Managed Infrastructure Service 仮想デスクトップサービス V-DaaS」(V-DaaS)の“手のひら静脈認証ログ…


カテゴリ  プリンター | VDI | 認証




 日本事務器(NJC)は、クラウド型運用支援サービス「Ezharness」シリーズのメニューを拡充し、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の「Amazon WorkSpaces」をベースにサポートサービスを追加した、クラウド型デスクトップ仮想化サービス「Ezharness DaaS Plus powered by AWS」を8月に発売する。Ezharness DaaS Plusは…


カテゴリ  VDI | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「VDI DAAS 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ