「VB6 今後 方向性」から探す!IT製品・セミナー情報

「VB6 今後 方向性」 に近い情報
「今後 方向性」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「VB6 今後 方向性」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「今後 方向性」に関する特集



 前回は、今後市場が急速に拡大していくことが予想される情報家電のセキュリティにおける課題について説明した。今回は、それらを包括的に解決する方向性について説明する。 その解決策の中でセキュリティ基準が骨格の1つとなるので、今回の後半と残りの回では、その基準を策定するための基礎となるセキュリティ対策について、デジタルテレビを例に説明する。


カテゴリ  スマートフォン |




 ヴイエムウェアの進藤資訓氏は「VMware NSXと仮想ネットワークの未来」と題する講演を通じて、ネットワーク仮想化製品「VMware NSX」の今後の進化の方向性を紹介した。


カテゴリ  SDN |




2000年前後にVisual Basicで開発されたシステムは、今後 .NET へ移行する必要があります。移行する必要はいくつかありますが、大きくは以下になります。- Visual Basicの開発環境であるVisual Studio 6 IDEは、WindowsXPまでのサポートとなっています。WinodowsXPはすでにサポート切れになっているため、現行、正式にサポートされているOS上で開発をすることができません。- Visual Basicで開発されたアプリケーションがWindows上で動作するには、ランタイムライブラリーが必要です。現在、Windows8.1にはランタイムライブラリーがサポートされていますが、このサポートがいつまで続くかは不明です。また、Windowsの標準インストールでは含まれていないライブラリもあり、この場合、別途ダウンロードしてインストールが必要です。以上のようなことから「.NET」への移行が必要とされています。


カテゴリ   |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「VB6 今後 方向性」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ