「VAN ネットワーク」から探す!IT製品・セミナー情報

「VAN ネットワーク」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「VAN ネットワーク」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「VAN ネットワーク」に関するIT製品情報

Secure Coding Checker  2016/03/15


ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【法人向けプラン】※税別ベーシック:年額50万円スタンダード:年額70万円エンタープライズ:年額100万円

カテゴリ  テストツール | セキュリティ診断 | その他開発関連

製品概要  Androidアプリの脆弱性を発見し、原因と修正方法を提示するWebベースの検査サービス。APKファイルをアップロードするだけで簡単に診断を行うことができる。

オススメユーザー  Androidアプリを使ってサービスを行っている企業。Androidアプリの開発会社。


dynaTrace  2013/07/15


日本コンピュウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  開発環境/BaaS | ネットワーク管理 | パフォーマンス診断 | 開発ツール | テストツール | システムコンサルティング

製品概要  Java、.NET、PHP環境において、全ユーザの全トランザクションをあらゆる階層で監視・測定し、パフォーマンス問題が発生した時も根本原因をピンポイントで特定可能。

オススメユーザー  Java、.NET、PHP アプリケーションの設計、開発、テストにおける工数を減らしたい企業、本番システムのMTTRを短縮したい企業。


ファイルサーバアクセス統合管理製品『Varonis DatAdvantage』  2016/06/10


ノックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 定価140万円〜(税別)

カテゴリ  サーバー管理 | オンラインストレージ/ファイルストレージ | 認証 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。

オススメユーザー  ファイルサーバで取り扱われるデータ量が増え、正しくアクセス権限を管理できていない企業。情報漏洩を防ぎたい企業。


「VAN ネットワーク」に関する特集



 オフラインやクローズドネットワークはマルウェアやAPT(Advanced Persistent Threat:標的型攻撃)に対して安全かというと決してそうではない。2003年にMSブラスターが流行した際に米国でATMがウイルス感染したケースや、最近ではStuxnet(スタックスネット)の話が有名である。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 最終回となる今回は、サイバー攻撃とSNSの関係について考察する。「SNS」と「サイバー攻撃」・・この2つの言葉に関連性を見出すのは難しいと思われる方も多いかも知れないが、実は悪意のある攻撃者はサイバー攻撃を仕掛ける初期の段階で、このSNSを利用しているという現実がある。特にこのサイバー攻撃について、特定の企業、団体をターゲットとしたものを標的型攻撃、英語ではAPT(Advanced Persistent Threat)と呼んでいる。  日本企業が狙われた標的型攻撃の例としては、2011年のソニープレイステーションネットワークの不正侵入事件がある。この事件では7700万件におよぶ個人情報が流出し、さらに1000万件のクレジットカード情報が流出した可能性があると見られている。被害総額は2兆円にのぼるとも言われ、非常に大きなニュースとなった。更に、日本の防衛関連企業数社が同時多発的に攻撃を受け、世間を騒がせた。


カテゴリ  ID管理 | 統合ログ管理




 「サイバー攻撃は防御できないレベルにまでなってしまった。私たちは、被害をいかに最小限に留めるしか対策はないのだ。」 昨今の報道から、そのように感じているユーザも数多くいるのではないだろうか。三菱重工や衆議院、参議院など、防衛や国家機密を守るセキュリティシステムが破られてしまったのだから、無理もないだろう。 これらのサイバー攻撃は“特定組織を狙った攻撃”と推測されており、一般に標的型攻撃の部類に含まれる。最近の標的型攻撃の多くは、標的のネットワークへ侵入後、様々な情報資産を持ち出すことから「サイバースパイ」と例えられる。海外では2009年の米Googleの事件をきっかけに、APT(Advanced Persistent Threat)と呼ばれている。国内では「サイバースパイ」、「新しいタイプの攻撃」など様々な呼称があるが、本稿では単純に「サイバースパイ行為」と記載する。 このサイバースパイ行為は、その呼称からも分かる通り、単なるウイルス感染事故のことではない。端的に説明すると、攻撃者が特定組織へ侵入し、マルウェアを活用することで情報を窃取する行為のことである。この一連の行為の中で、マルウェアは大きく分類して次の3種類が悪用されることが多い。


カテゴリ  ファイアウォール | 統合ログ管理


「VAN ネットワーク」に関するニュース



 大塚商会は、サイバー攻撃を分析、検知、通知して推奨対策をアドバイスするセキュリティオペレーションセンター(SOC)サービス「たよれーる AdvancedSOCサービス」を11月1日に開始する。たよれーる AdvancedSOCサービスは、さまざまなネットワーク機器やセキュリティデバイスからログを収集し、重要度の高い事象…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 ハンモックは、標的型攻撃への包括的な対策に特化したパッケージ「AssetView Security Advance」の出荷を2017年春に開始する。本パッケージは、未知の脅威への対策、ウイルス対策、脆弱(ぜいじゃく)性対策、個人情報検索(監査)、PC操作ログ管理、デバイス制御、ファイル制御・暗号化の7つの機能を備える。標的…


カテゴリ  アンチウイルス | その他ネットワークセキュリティ関連 | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「VAN ネットワーク」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ