「USENバックアップ放送中」から探す!IT製品・セミナー情報

「USENバックアップ放送中」 に近い情報
「USE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「USENバックアップ放送中」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「USE」に関するIT製品情報

シンプル/パワフルDWH 「Teradata Data Warehouse Appliance 2700」  2013/11/01


日本テラデータ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DWH | ナレッジマネジメント | データ検索ソフト | データ分析ソリューション | サーバー管理 | テストツール

製品概要  企業のデータ分析ニーズを満たすDWHアプライアンス。エントリーからペタバイトクラスまでの分析アプリケーションに最適、高性能、コストパフォーマンスに優れたモデル。

オススメユーザー  ●初めてDWH(データウェアハウス)を構築する企業●特定の事業部門や部署だけでDWHを導入したい企業 など


Sophos EndUser Protection  2014/02/15


ソフォス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 1年間100ユーザの場合:52万円(税別)

カテゴリ  アンチウイルス | MDM | UTM | フィルタリング | 暗号化 | ネットワーク管理

製品概要  多くの対応OSを誇るウイルス対策をベースに、パッチ管理や暗号化などを企業の需要に合わせてカスタマイズ可能。それらを一元管理でき、IT担当者の管理コストを削減。

オススメユーザー  ウイルスの脅威や業務上影響がある行動をブロックし、生産性を向上させたい企業。


CompuSec  2013/11/01


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Basic Edition: 8000円Standard Edition: クライアント 1万2500円〜 / 管理ツール 20万円SW: 1万2800円SW: ダウンロード版 9800円※税別

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  モバイルPCやデスクトップPCを対象に起動前認証やハードディスク全体の暗号化を行う、認証・暗号化セキュリティソフト。

オススメユーザー  機密情報・顧客情報の取り扱いに不安を感じている企業。パソコンからの情報漏洩対策を検討中の企業。


SERVIS Multi-Platform Multi-User KVM  2016/12/15


富士通コンポーネント

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  KVMスイッチ | シンクライアント | データセンター運用 | サーバー管理 | ネットワーク管理

製品概要  ・PC/サーバの管理だけでなく“KVMでシンクライアント”を実現する高品位・高画質な表示。・国内ブランドならではの充実サポートを提供。

オススメユーザー  サーバ/PCを複数のユーザで管理、ユーザコンソールを延長して効率的運用を行ないたい企業


Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』  2017/04/01


パナソニック ネットソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 50User:79万円〜(税抜)

カテゴリ  ワークフロー | 勤怠管理システム | 電子帳票システム | 会計システム | グループウェア

製品概要  申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。

オススメユーザー  ERP連携で経費精算、勤怠管理、稟議書など各ワークフローを統合したい企業。内部統制対策や業務効率化を実現したい企業。


「USE」に関するセミナー情報

dashDBがDb2 Warehouse on Cloudに進化 締切間近

日本アイ・ビー・エム


開催日

 8月23日(水)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  DWH |

概要  IBMはデータベース・ファミリーの名称を、DB2からDb2へと変更しました。今回のリブランディングは単なる名称変更ではありません。従来のDB2はデータベース製品…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用


「USE」に関する特集



 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非常に重要な課題です。こういった問題を解決するための特権IDソリューションが、市場では数多くリリースされています。 特権IDソリューションは大きく分けて3つのタイプが存在しています。Super User Privilege Management(SUPM) 、Application to Application Password Management(AAPM) 、そして、Shared Account Password Management(SAPM)です。 SUPMは、職域とセキュリティポリシーを鑑み、特権昇格できる権限をコントロールする、いわば最小特権による管理の仕組みです。 AAPMは、スクリプトやバッチなどで、特権アカウントのID、パスワードを平文で記述しているのを廃し、スクリプト実行時に特権ソリューションのAPIを呼び出すことで、セキュアにアプリケーションを実行する事を可能にする仕組みです。 SAPMは、日本で最もポピュラーな特権ソリューションで、特権アカウントを適切に管理し、何時、誰が、どんなことを行ったかをトラッキングし、ワークフローによって申請処理を電子化していく仕組みです。 Centrifyは全ての特権IDをカバーした製品をご用意していますが、今回はSAPMに関してご説明させていただければと思います。


カテゴリ  ID管理 |


「USE」に関するニュース



 富士通と富士通ビー・エス・シーは、暗号化ソフトウェア「FUJITSU Security Solution FENCE-Pro V8」で、標的型攻撃やランサムウェアへの対策機能を強化し、発売した。暗号化機能の強化やアクセス制限機能の追加により、情報漏えいリスクを低減できる。本ソフトウェアは、WindowsのPCやサーバ内のHDDを始め、ネット…


カテゴリ  暗号化 | 統合ログ管理




 マピオンは、国勢調査などのオープンデータを参照、活用できる無料Webサイト「マピオン データマップ」を公開した。マーケティングや市場調査の情報収集などの参考にできる。本サイトでは、同社の位置情報分析ツール「loghouse」を用いて、人口数や世帯数就業日数・時間などを地図上に可視化した10種類のデータマ…


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 富士通は、さまざまな業務システム環境に手のひら静脈認証機能を追加できる組み込みソフトウェア「FUJITSU Security Solution 本人認証基盤 AuthConductor Server」の提供を4月に開始する。価格は個別見積もり。手のひら静脈情報を統合的に運用管理でき、複数の業務間で本人認証を統合できるようにする。本製品は、…


カテゴリ  認証 | その他開発関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「USENバックアップ放送中」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ