「USBメモリのセキュリティ クラック」から探す!IT製品・セミナー情報

「USBメモリのセキュリティ クラック」 に近い情報
「USBメモリのセキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「USBメモリのセキュリティ クラック」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説メモリとは?

メモリは半導体部品の1つで、コンピューターのデータを記憶するための素子。自由にデータを読み書きすることができるが、電源を切るとデータが消えてしまうRAMと、電源を切ってもデータは消えないがデータの書き換えができないROMがあり、デジタルデバイスにおいてメモリというと一般的にRAMのことを指す。PCをはじめとするデジタルデバイスにおいてはRAMの容量が動作の快適さに直結することが多い。

「USBメモリのセキュリティ」に関するIT製品情報

USBメモリからの情報漏洩対策と活用ソリューション  2015/06/01


メトロ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 E80 1ライセンス:1万4300円(税別)

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  USBメモリのセキュリティ対策に必要な3つの機能(デバイス制御、メディアの丸ごと暗号、操作ログ)を提供。USBメモリの個体番号を登録せずに情報漏洩対策ができる。

オススメユーザー  私物USBメモリの利用禁止や制限をしたい、USBメモリの丸ごと暗号化により持ち出しデータの情報漏洩対策を行いたい企業。


「USBメモリのセキュリティ」に関する特集



 前回は、情報処理推進機構(IPA)が実施した「2012年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査」より、情報セキュリティ対策の実施状況及び情報セキュリティに関する問題意識を紹介した。今回は、無線LAN利用時のセキュリティ対策、組織内でも利用されているUSBメモリの利用時におけるセキュリティ対策状況について紹介する。


カテゴリ  無線LAN | その他ストレージ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「USBメモリのセキュリティ クラック」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ