「USB ドングル 暗号化 データ保護」から探す!IT製品・セミナー情報

「USB ドングル 暗号化 データ保護」 に近い情報
「USB 暗号化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「USB ドングル 暗号化 データ保護」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「USB 暗号化」に関するIT製品情報

USBメモリからの情報漏洩対策と活用ソリューション  2015/06/01


メトロ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 E80 1ライセンス:1万4300円(税別)

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  USBメモリのセキュリティ対策に必要な3つの機能(デバイス制御、メディアの丸ごと暗号、操作ログ)を提供。USBメモリの個体番号を登録せずに情報漏洩対策ができる。

オススメユーザー  私物USBメモリの利用禁止や制限をしたい、USBメモリの丸ごと暗号化により持ち出しデータの情報漏洩対策を行いたい企業。


情報漏洩対策ソフト 「発見伝Select」  2014/08/01


C&Cアソシエイツ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 下記のいずれかを選択●パッケージライセンス料金/1ライセンス 9800円●年間サービス料金/オープン価格※税別

カテゴリ  MDM | メモリ | その他ストレージ関連 | 暗号化 | アンチウイルス | 統合ログ管理

製品概要  USBストレージの利用制限、ファイル監視機能、ファイル暗号化、ウイルス感染防止などの機能を装備し、情報漏洩を未然に防ぐセキュリティソフト。低コストで導入も簡単。

オススメユーザー  USBメモリやCD、DVDなどによるデータのやりとりが頻繁に発生している企業。情報漏洩対策を万全にしたい企業。


セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice  2016/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standard:3万8000円(税別)〜Professional:14万7200円(税別)〜Ultimate:4万円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | メモリ

製品概要  ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

オススメユーザー  簡単に、低コストでセキュリティUSBメモリを導入したい。USBメモリからのウイルス感染や不正利用を防ぎたい企業向け。


セキュリティプラットフォーム ベーシック evolution /SV  2014/12/01


ハミングヘッズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格<参考価格>1クライアント:1万6000円(税別)、1サーバ:33万円(税別)

カテゴリ  暗号化 | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  暗号化、USBメモリなど外部デバイス制御、Web監視、ログ管理等、情報漏洩対策機能を網羅的に提供し、内部統制対応を効率的に実現。国内シェアトップクラスの実績。

オススメユーザー  包括的な情報漏洩対策及び内部統制対応を行いたい企業。機能ごとに複数のセキュリティ製品を導入し、管理が煩雑でお困りの企業。


TotalSecurityFort  2012/11/15


日本ファインアート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●ログパック 10ライセンス 6万8000円(税別)〜●エントリーパック 10ライセンス 13万6000円(税別)〜

カテゴリ  MDM | その他スマートデバイス関連 | グループウェア | 暗号化 | 認証

製品概要  「ソフトウェア制御」、USBメモリやCD/DVDを始めとした「外部記憶デバイス制御」、赤外線通信やBluetoothなどの「外部デバイス制御」などが可能な情報漏洩防止システム。

オススメユーザー  ソフトウェアや外部デバイスなどのセキュリティ制御は強固にしながら、柔軟な承認申請による高い業務効率も両立したい企業。


「USB 暗号化」に関する特集



3cmしか飛ばない電波を使う高速無線通信「TransferJet」。認証も暗号化もいらず速度はUSB2.0並み!その衝撃の性能を解説します。


カテゴリ  その他ネットワーク関連 |




ノートPCやUSBメモリ等、小型で大容量の記憶媒体の普及により、大量データを携帯する機会が増えている。経済産業省によると、2…


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 | MDM | 暗号化 | ID管理




 情報漏洩対策は、すべてのデータが社外に持ち出される可能性があることを前提にして考えることが重要です。万が一、ファイルが流出した際の備えとしてはファイル暗号化が有効ですが、社内のファイルを100%暗号化することは現実問題として不可能です。 そして、当然ながら情報流出への備えも重要です。ファイルの暗号化に加えて、ファイルの持ち出しを水際で防ぐ対策が欠かせません。この水際対策は、データ活用の段階に応じて多層的に行う必要があります。 第一段階として、データの持ち出し経路を制限し、制御することがあげられます。スマートフォンやタブレット、USBメモリなどの外部デバイスや、ネットワーク、プリンタ、外部メディアなどの利用の制限・制御です。制御対象には、業務内容に応じてWebカメラやイメージスキャナなども含まれます。これは、「データを外に出させないこと」を目的とした対策です。 次に、データを持ち出す際の履歴管理です。組織活動において、一切のデータを持出さないということはありえません。ですから多くの企業・法人では、メールによる申請や所定の申請書、もしくは口頭でデータ持ち出しに際して上長の承認を得るというようなルールで運用しているようです。 さらに、承認されたデータの持ち運びはセキュリティ対策をしたデバイスを使用することが推奨されます。企業・法人が管理するデバイスで、かつデータのコピーや移動が制限でき、しかも操作ログを記録するなどしておけば安全ですね。 「データを外に出さない」ための対策、さらに「持ち出さざるを得ないデータを管理する」ための対策、「安全にデータを持ち運ぶ」ための対策。このように情報の利用段階にあわせた多層的な対策がなされているのが理想です。


カテゴリ  暗号化 | その他エンドポイントセキュリティ関連


「USB 暗号化」に関するニュース



 サムライズは11月24日、USB型シンクライアント「@割符Live USB」を発売した。ネクスト・シェアリングが提供する本製品の特長は大きく分けて2つ。1つ目は、シンクライアントのデータが集中するサーバからの情報漏えいを防げるよう、秘密分散技術「@割符」を採用していることだ。この技術では、データの原本をビッ…


カテゴリ  シンクライアント | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「USB ドングル 暗号化 データ保護」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ