「TLS SIPサーバ 製品」から探す!IT製品・セミナー情報

「TLS SIPサーバ 製品」 に近い情報
「TLS」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「TLS SIPサーバ 製品」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「TLS」に関するIT製品情報

セールスフォースユーザ向けデータクレンジング・名寄せサービス  2013/05/01


ISIDアドバンストアウトソーシング

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ETL | SFA | データ分析ソリューション | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  セールスフォースの取引先データを対象とした、データクレンジングと名寄せに特化したサービス。

オススメユーザー  取引先データが標準化されていないセールスフォースユーザ。顧客データ管理のコストを削減し、データの精度を高めたい企業。


「TLS」に関する特集



 今年は何かとSSL/TLSにまつわるセキュリティ上の話題が多い年である。 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、5月に「IPA テクニカルウォッチ:『暗号をめぐる最近の話題』に関するレポート〜SSL/TLや暗号世代交代に関連する話題から〜」を公表した。その中ではSSL/TLSのセキュリティ事故の例として、今年3月に発覚した2つの事件、「不正SSLサーバ証明書が発行された事件-Comodo社のケース」と「オンラインショッピングでSSLプロトコルが動作せず-大手百貨店のケース」を取り上げた。この中で強調した教訓は以下の点である。


カテゴリ  暗号化 | 認証




インターネットにおける商業利用の信頼性を揺るがす危険性を秘めた「BEAST攻撃」。SSL/TLSの脆弱性を突いた高度な攻撃手法とは?


カテゴリ  暗号化 |




 前回の説明から分かるように、「DigiNotarの重過失とも言える運営管理とオランダ監査機関の対応の不備が、Comodo Hackerという有能な攻撃者につけ込まれ、ルートCAの発行機能を完全に乗っ取られたあげく、不正SSLサーバ証明書を発行した」事件は、インターネットセキュリティにおける抜群のニュースバリューがあるだろう。それはWebTrust for CAを取得しているルートCAの信頼性に関わることだからである。 それでは今回の事件は、実際にSSL/TLSを使う観点から見たらどのような影響を与えるものなのであろうか。本最終号では、影響について見ていくこととしたい。


カテゴリ  認証 |


「TLS」に関するニュース



 ティーピーリンクジャパン株式会社は、省エネ技術により既存機種に比べ最大82%のエネルギー節約を可能にしたスイッチングハブ「TL-SG108」を発売した。価格は3350円(税込)。「TL-SG108」は、8つの10/100/1000Mbpsポートを備えたギガビットデスクトップスイッチ。各ポートのリンク状態やケーブルの長さに応じて…


カテゴリ  ネットワークハブ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「TLS SIPサーバ 製品」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ