「TAPEとの差分を新たに登録」から探す!IT製品・セミナー情報

「TAPEとの差分を新たに登録」 に近い情報
「TAP」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「TAPEとの差分を新たに登録」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「TAP」に関するIT製品情報

秘文 Cloud Data Protection  2015/03/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Cloud Data Protectionクライアント:5000円/1ユーザ秘文 Cloud Data Protectionサーバ:60万円※税別、オンプレミス型の価格

カテゴリ  暗号化 | その他ストレージ関連

製品概要  クラウドストレージ上のデータを暗号化。ビジネスでの利用に必要な情報漏洩対策を行い、クラウドストレージのセキュアな活用を実現する。

オススメユーザー  業務でクラウドストレージの活用を検討している企業。


ストレージリモート運用サービス for NetApp  2012/12/05


伊藤忠テクノソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■ストレージ監視初期設定費3万円、月額監視費4万円■性能診断レポ−ト月額3万円、スポット費3万円※1コントロ−ラ単価/税別

カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |

製品概要  NetApp製ストレージ向け遠隔運用サービス。保守サービスに24時間365日のストレージ監視と性能診断のサービスを組み合わせ、正常な稼働と障害予防を実施。

オススメユーザー  大容量化・集約化が進むストレージの運用/管理(性能診断や障害復旧時間の短縮)を、低コストかつ確実に行いたい企業。


ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection  2017/10/01


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Protection サービス年間利用ライセンス 5000円/台(税別)※最小契約数は100ライセンス

カテゴリ  暗号化 | 認証 | DLP

製品概要  ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

オススメユーザー  顧客や取引先に渡した情報も閲覧停止することで、情報を「放さない」情報漏洩対策を行いたい企業担当者。


NetApp FASシリーズ  2012/06/26


丸紅情報システムズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 210万9000円(FAS2240-4、12x1TB)より※税別

カテゴリ  ファイルサーバ | サーバー仮想化 | ストレージ仮想化 | バックアップツール

製品概要  サーバの統合や仮想化を支援するストレージシステム。あらゆる環境に対応する柔軟性を兼ね備え、SAN/NAS一体化や大容量構成も低TCOで実現する。

オススメユーザー  分散するストレージをまとめたい、サーバの仮想化や冗長化を行いたい、バックアップを容易にしたい企業・団体。


McAfee Complete Data Protection (旧 McAfee Endpoint Encryption)  2014/02/01


マクニカネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1万3590円〜(ライセンス/買切)※税別

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  国内2100社、160万ライセンス以上の豊富な実績を持つ、PC、リムーバブルメディア暗号化ソフトウェア。盗難・紛失による情報漏洩を強力に防止する。

オススメユーザー  PCの盗難/紛失、リムーバブルメディアからの情報漏洩対策を確実に行いたい企業(一般企業、政府系機関、自治体など)


「TAP」に関する特集



様々な機器とスマートデバイスをWeb技術で繋ぐ「デバイスWebAPI」とは?オープンソース「GotAPI」動向も含めて最新動向を解説!


カテゴリ  開発環境/BaaS | タブレット | スマートフォン | その他スマートデバイス関連




 1960〜1970年代、汎用事務処理用コンピュータを管轄する部門は本社総務や経理部門の一部として始まった。やがてコンピューターの適用業務は販売や物流等に拡がり始め、独立したEDP部門として存在するようになる。まだシステムでなくEDP(Electronic Data Processing)と呼ばれた時代である。のちのICT部門の黎明期であるが、最先端の機器を導入し、省力化を実現してくれるという触れ込みで高度経済成長期とも重なり、経営者からも、社内ユーザからも期待される存在であった。ポテンシャルの高い人材が優先的に配属され、人員も増加の一途をたどり、将来展望が開けていたのである。


カテゴリ  システムコンサルティング |


「TAP」に関するニュース



 SCSKは、Webアプリの高速開発・運用を手軽に行えるクラウドサービス「FastAPPサービス」で、同サービスを支えるIaaS環境に「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」を採用した「FastAPPサービス on AWS」の提供を8月1日に開始した。FastAPPサービスは、同社の高速開発・実行基盤(FastAPP基盤)と、導入サポートから…


カテゴリ  開発環境/BaaS | IaaS/PaaS




 DATAビジネスは、企業のさまざまな情報資源をリアルタイムに統合し、データを企業経営に有効活用できる、データ連係型クラウドサービス「EDP(Enterprise Data Planning)クラウド」の提供を6月に開始する。価格は、月額6000円/1ユーザー(モジュール単位)〜。本サービスは、基幹系ERPソリューションを中心に、…


カテゴリ  ERP | EAI | CRM | その他データ分析関連 | その他WEB構築関連




 マクニカネットワークスは、「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)環境のネットワークを可視化するソフトウェア「Gigamon Visibility Platform for AWS」の提供を6月29日に開始した。本製品では、AWS上で稼働する仮想TAPソフトウェアを用いて、AWS環境上のインスタンスを流れる通信のミラーリングを行える。ミラ…


カテゴリ  ネットワーク管理 | その他仮想化関連 | その他ネットワークセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「TAPEとの差分を新たに登録」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ