「SVとは ネット」から探す!IT製品・セミナー情報

「SVとは ネット」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SVとは ネット」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SVとは ネット」に関するIT製品情報

ネットワークパフォーマンス監視 Pluribus Networks VCFcenter  2017/01/13


Pluribus Networks

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  ネットワーク管理 |

製品概要  ネットワークパフォーマンス監視・分析ソリューション。従来のネットワーク分析監視ソリューションに比べ、低コストでの導入が可能。

オススメユーザー  高額なコストや運用負荷をかけることなく、自社ネットワークの安定化や障害回避を実現したい企業。


検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ  2013/08/01


PFU

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●iNetSec Smart Finderマネージャー28万円、センサー18万円●iNetSec Inspection CenterSV30万円、CL3000円〜※すべて税別

カテゴリ  ネットワーク管理 | IPS

製品概要  iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。

オススメユーザー  以下を検討している企業・ネットワーク内の機器の把握・不正接続の防止・BYODの導入・検疫ネットワークの導入


クラウド型Web会議サービス V-CUBE ミーティング  2017/03/31


ブイキューブ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  Web会議 | ファイル共有 | テレビ会議/ビデオ会議 | eラーニングシステム | その他情報共有システム関連

製品概要  次世代の映像伝送技術(H.264/SVC)の採用で、拠点ごとに異なるインターネット接続環境でも各ネットワーク帯域に合わせて自動で映像・音声が最適化できるWeb会議サービス。

オススメユーザー  高品質の映像・音声によるWeb会議を行いたい企業。


セキュリティプラットフォーム ベーシック evolution /SV  2014/12/01


ハミングヘッズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格<参考価格>1クライアント:1万6000円(税別)、1サーバ:33万円(税別)

カテゴリ  暗号化 | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  暗号化、USBメモリなど外部デバイス制御、Web監視、ログ管理等、情報漏洩対策機能を網羅的に提供し、内部統制対応を効率的に実現。国内シェアトップクラスの実績。

オススメユーザー  包括的な情報漏洩対策及び内部統制対応を行いたい企業。機能ごとに複数のセキュリティ製品を導入し、管理が煩雑でお困りの企業。


「SVとは ネット」に関する特集



日本のインターネットビジネスを牽引してきたIIJ代表取締役会長の鈴木幸一氏にワークスタイル変革への取り組みについて伺った。


カテゴリ  VDI | IaaS/PaaS




 2016年1月14日、15日の2日間に渡り、SDN(Software Defined Networking)やNFV(Network Functions Virtualization)といった技術にフォーカスを当てたカンファレンス「SDN Japan 2016」が開催された。これまでにない柔軟なネットワーク制御を実現するとして注目を集めるSDN/NFV。O3プロジェクトのように日本発のソリューションが登場したほか、クラウド普及と相まって、地に足の付いた現実的なソリューションが登場している。その一部を紹介したセッションの模様を紹介しよう。


カテゴリ  SDN |




 今回のコラムは、最近話題になっているスマートカーセキュリティに関するものだ。 「情報セキュリティ企業なのに、なぜスマートカー?」と思うかもしれないが、この問題は自動車業界でも、セキュリティ業界からも話題になっていたものである。スマートカーセキュリティに関する認識が変化してほしいという気持ちで、コラムを書いた。 2015年7月、米Wiredは、スマートカーに潜んでいる脆弱性に関する記事を出した(参考:https://www.wired.com/2015/07/hackers-remotely-kill-jeep-highway/Hackers)。「Remotely Kill a Jeep on the Highway-With Me in IT」という動画とともに公開され、かなりの反響を呼んだ。IoT(internet of Things、モノのインターネット)のさまざまな新技術への世間の関心と恐れを背景に、世界の多くの人々が普段意識せずに使っているモノをターゲットにするハッキングについて議論が巻き起こった。 IoTという今一番ホットなアイテムは産業を大きく発展させていくことは間違いなく、世の中は以前になく進歩を遂げていくことになるだろう。ただ、このIoTに対してのハッキングへの脅威は、ただものではない。 当社は、かれこれ19年以上セキュリティソリューション分野で活動しているが、IoT技術を取り入れた、いわゆるスマートカーを研究・生産する自動車メーカーに、セキュリティの側面で認識しておいてほしいことがある。競合他社より一刻も早くスマートカーを世に放ち、マーケットをリードしたいという思いは分かるが、そのスマートカーに潜んでいるセキュリティの問題を、一度熟考していただきたい。  Wiredの記事を執筆したアンディ・グリーンバーグ(Andy Greenberg)はテック専門記者で、NSA研究・セキュリティの専門家であるチャーリー・ミラー(Charlie Miller)とクリス・ヴァラセク(Chris Valasek)の要請を受け、実験に参加することになったわけだ。 まず、ミラーとヴァラセクは、実験対象となる自動車のECU(Electronic Control Unit、電子制御装置)をターゲットに、16キロ離れている別の自動車の後部座席からハッキングを成功させた。動画はこの一部始終を収めている。対象となったジープのSUV「チェロキー」は、FCA(フィアットクライスラーオートモービルズ)の無線通信システムである「Uconnect」を活用していた。 Uconnectは、それが開発された2013年以来、47万台の自動車に実装…


カテゴリ  WAF | その他スマートデバイス関連 | IPS | ファイアウォール


「SVとは ネット」に関するニュース



 エイネットは、ソフトウェアタイプのビデオ会議/Web会議システム「FreshVoice」をバージョンアップし、発売した。価格は3000円〜/1ユーザー。今回のバージョンでは、コーデック(動画や音声を圧縮/伸張するソフトウェアエンジン)を刷新し、性能の向上を図った。「H.264SVC」や「H.264AVC」に加え、4K/8Kの標準…


カテゴリ  テレビ会議/ビデオ会議 | Web会議



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SVとは ネット」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ