「STAROFFICE OFFICE365 予定表データ 連携」から探す!IT製品・セミナー情報

「STAROFFICE OFFICE365 予定表データ 連携」 に近い情報
「OFFICE365 連携」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「STAROFFICE OFFICE365 予定表データ 連携」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説Office 365とは?

「Office 365」とは、Microsoftが提供するクラウドサービスで、従来、個々のPCにインストールして利用していたオフィススイート「Microsoft Office」をオンラインで利用可能にするというもの。月額/年額で支払うサブスクリプションモデルによって購入できる。

「OFFICE365 連携」に関するIT製品情報

クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」  2018/02/15


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:10万円保存 1年間:200円/1メールアドレス当たり※税別

カテゴリ  メールアーカイブ |

製品概要  G Suite、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。

オススメユーザー  G Suite、Office 365と連携した日本語対応の高機能メールアーカイブを、安価かつ手軽に導入したい企業。


Discoveries InSite  2018/06/15


ディスカバリーズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額の基本料金2万4800円に、年額料金600円×ユーザー数を合わせた金額が利用料金となります。※税別

カテゴリ  EIP | グループウェア | 文書管理 | 開発ツール

製品概要  Microsoft Office 365 と連携するクラウドサービス。

オススメユーザー  Office 365導入を検討、もしくは導入後の活用に課題を抱えている企業や組織。


シングルサインオン・統合認証基盤 IceWall SSO  2018/06/01


日本ヒューレット・パッカード

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  シングルサインオン | 認証 | 統合ログ管理

製品概要  国内導入実績No.1※シングルサインオン製品Office 365、Salesforce、GoogleApps等と認証連携(フェデレーション)が可能アプリ改修無なしで導入可能な多要素認証基盤も提供

オススメユーザー  複数のWebアプリをシングルサインオンしたい企業社外のクラウドサービスと認証連携したい企業多要素認証を導入したい企業


DocAve for SharePoint  2015/11/15


AvePoint Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  統合運用管理 | グループウェア | ナレッジマネジメント | 文書管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | IT資産管理

製品概要  SharePoint運用管理ソフトウェア。移行・データ保護・外部連携・ストレージ最適化・レポートを行える。世界1万4000社以上で導入。Office 365 - SharePoint Onlineにも対応。

オススメユーザー  SharePoint導入を検討中、または現在利用中の組織。移行、運用管理の負荷軽減、IT統制強化・利活用促進に取り組むIT管理者。


Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」  2018/04/28


EVIDIAN-BULL JAPAN

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【参考価格】1000ユーザー : 531万円(税別)

カテゴリ  シングルサインオン | 認証

製品概要  さまざまなWebアプリケーションや、Office 365、Salesforce、G-suite等のクラウドサービスに対し、シングルサインオンによるアクセス/認証連携を提供。

オススメユーザー  業務で活用しているWebアプリケーションやWebサービスにおける、ログイン時のセキュリティを高めたい企業。


「OFFICE365 連携」に関する特集



 昨年、関税法改正とメールアーカイブの必要性の記事で、クラウド型のメールシステムとメールアーカイブの連携方法について簡単に触れました。最近では、メールサーバをクラウド型のサービスであるOffice365やGoogle Appsに移行する企業も増える中、メールアーカイブの取り扱いどうするかがひとつの焦点となっています。メールのデータ事態に機密情報が多数含まれることから、多くのシステム担当者が最初に課題にあげる点として、メールアーカイブもすべてクラウド化することに躊躇するケースも多いのではないでしょうか。


カテゴリ  メールアーカイブ |


「OFFICE365 連携」に関するニュース



 IIJは、シングルサインオン(SSO)クラウドサービス「IIJ IDサービス」の機能を強化した。本サービスは、複数のサービスのIDを連携し、1つのIDでさまざまなサービスにアクセスできる仕組みを提供するものだ。各種サービスのIDを管理する負担を軽減でき、自社のセキュリティポリシーに沿ったID管理をよりスムーズに…


カテゴリ  シングルサインオン | ID管理




 ヴァル研究所は3月13日、カレンダーに登録された訪問先や移動予定を基に、自動的に営業活動を集計して可視化する「行動モニター機能」のα版をリリースした。本機能は、スケジュール調整や交通費精算を自動化するサービス「RODEM」の新機能だ。同サービスと連携しているカレンダー(「Microsoft Office 365 Outlo…


カテゴリ  SFA | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「STAROFFICE OFFICE365 予定表データ 連携」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ