「SPOKE企業」から探す!IT製品・セミナー情報

「SPOKE企業」 に近い情報
「SPO」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SPOKE企業」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SPO」に関するIT製品情報

MORISAWA PASSPORT  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 4万9800円 ※税別

カテゴリ  オフィスソフト | その他オフィス機器関連 | その他WEB構築関連

製品概要  印刷・出版業界において高いシェアを誇るモリサワの全てのフォントを含む書体をどれでも利用できるライセンス製品。

オススメユーザー  出版、広告など、印刷、デザインに関わる方。


S-Portサービス  2013/02/01


鈴与シンワート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データセンター運用 | シンクライアント | 認証 | バックアップサービス | サーバー管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  クラウドからシンクライアントまで、ハイクオリティなサービスを提供する、柔軟性に優れた都心型データセンター。高い利便性を提供し、コストを抑えた運用を支援する。

オススメユーザー  データセンターのコスト削減をしたい企業。自社運用からデータセンターへ切り替えたい企業。BCP対策を検討中の企業。


アプリケーション仮想化ツール Spoon  2016/03/15


双日システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他仮想化関連 | サーバー仮想化 | シンクライアント

製品概要  アプリケーションを改修することなくOSの移行やIEのサポート切れに低コストで対応できるアプリケーション仮想化ソリューション。

オススメユーザー  クライアントPCやサーバーのOSに依存せず、既存のアプリケーションを活用しコストを抑えたい企業。


「SPO」に関する特集



 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「SPO」に関するニュース



 ディアイティは、Savviusが提供するネットワーク監視・管理技術「Savvius Spotlight」を搭載した、ネットワーク解析アプライアンス「Omnipliance Ultra」シリーズと、スタンドアロン型の「Savvius Spotlight アプライアンス」を10月1日に発売する。今回発売する両製品では、Savvius Spotlightの技術を搭載したこ…


カテゴリ  ネットワーク管理 | パフォーマンス診断




 タニウムは、セキュリティ運用センター(SOC)やインシデント対応(IR)チームなどが運用負担を軽減できるよう、EDR(Endpoint Detection and Response)運用を効率化する製品「Tanium Threat Response」の提供を開始する。本製品は3つのモジュールを統合している。1つ目は、IOC(マルウェアなどの痕跡)ファイル…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 富士通グループは、法人向けタブレット、ノートPC、ワークステーション、シンクライアント端末それぞれ1機種と、デスクトップPC2機種の計6機種を、4月中旬から順次発売する。10.1型のWindowsタブレット「ARROWS Tab Q507/P-SP」は、手のひら静脈を使ったスライド式静脈認証機能「Slide Passport」を搭載する。タッ…


カテゴリ  タブレット | ノートパソコン | デスクトップパソコン | シンクライアント



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SPOKE企業」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ