「SPC MAIL フィルターセンター隔離のお知らせ」から探す!IT製品・セミナー情報

「SPC MAIL フィルターセンター隔離のお知らせ」 に近い情報
「SPC MAIL」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SPC MAIL フィルターセンター隔離のお知らせ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SPC MAIL」に関するIT製品情報

スパムメール/誤送信対策アプライアンス 「SpamSniper」  2014/03/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 アプライアンス版・仮想アプライアンス(VA)版 ともにオープン価格※初年度分の製品保守料金が付属。(オンサイト保守除く)

カテゴリ  メールセキュリティ | 暗号化 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  ・チューニングフリーでスパムメール検知率96%以上、誤検知率ほぼ0%・情報漏洩、誤送信対策機能を搭載・ユーザ数無制限・バイパスカードが標準搭載

オススメユーザー  ●現在のアンチスパム製品に不満の企業●メール誤送信対策を行いたい企業●複数ドメインを1台で管理したい企業やISP/CATV事業者


「SPC MAIL」に関する特集



 企業の皆様にとってクラウド利用が当たり前になって数年が経過した。クラウドはもう、「新しいもの」でも、トライアルで「使用してみるもの」でもなく、「業務で普通に使用するもの」として受け入れられるようになってきている。  しかしながら、まだクラウドを受け入れていない領域がある。それが今回の主題ともなる企業の基幹システムだ。特に金融関係やクレジット関係については、自社のセキュリティコンプライアンスに準拠しなければならないだけではなく、金融庁、FISC、消費者庁、そしてPCI-DSS、PCI-PTS等の業界団体が定めた各種ルールにも縛られており、その障壁は高い。 一方、企業のバランスシート上、クラウドの業務利用は有効であると認識された以上、その流れから逆らうことは難しいと思われる。今すぐ取り組む必要はないにせよ、ある日急にシステム部門としての意見を求められるシーンも多く、日々の情報収集及び収集した情報の整理が必要となるだろう。  今回のテーマでは、それら特に高いセキュリティシステムに求められている暗号技術についてまとめさせていただく。クラウド技術を利用したシステムは従来のシステムと構成が異なり、このため、暗号技術もクラウドに対応したものがすでに世の中に複数のベンダからリリースされてきているためである。


カテゴリ  メールセキュリティ |


「SPC MAIL」に関するニュース



 ソースポッドは、クラウド型のメール誤送信対策「SPC Mailエスティー」とメールアーカイブ「SPC Mailアーカイブ」を桧家ホールディングスが導入したと発表した。桧家ホールディングスでは、添付ファイルの暗号化に加え、不用意に個人情報や機密情報をメールでやり取りしないように運用ルールを設けてメール業務を行…


カテゴリ  メールセキュリティ | メールアーカイブ




 ソースポッドは、標的型メール対策クラウドサービス「SPC Mailホールド」のオプションとして、必要なメールにのみポリシーを適用できる「フィルタリングオプション」を2017年3月にリリースする。SPC Mailホールドでは、スパム/ウイルス対策に加え、全ての受信メールの添付ファイルを分離する。メール無害化画面上…


カテゴリ  メールセキュリティ | アンチウイルス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SPC MAIL フィルターセンター隔離のお知らせ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ