「SLAとSLOの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「SLAとSLOの違い」 に近い情報
「SLA」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SLAとSLOの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SLA」に関するIT製品情報

フリービットクラウド VDC PRO  2015/04/15


フリービット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 仮想サーバ費用 (1台/1日) 166円〜※税抜

カテゴリ  サーバー仮想化 | UTM | データセンター運用 | ネットワーク管理 | 統合運用管理 | システムコンサルティング

製品概要  SLA99.99%かつ高度なセキュリティ機能を実装したクラウドサービス(IaaS)。インフラ設計の柔軟性に優れ、クラウドと物理環境を組み合わせたハイブリッド構成にも対応可能。

オススメユーザー  SLAを重視し、自由度の高いクラウドサービスを利用したい企業。システムをオンプレミスからクラウドに移行検討している企業。


TP-VPNサービス  2014/04/01


ネクステック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  通信サービス
価格 月額利用料:専用機器(アダプタ)1台あたりTP mini:5500円TP remote-s:9800円TP remote:1万9800円※税別

カテゴリ  広域イーサネット | その他ネットワークセキュリティ関連 | 暗号化 | インターネットVPN

製品概要  アダプタにつなぐだけでどんなPC、OS、LAN対応機器でもL2のVPN接続が可能なメッシュタイプの広域イーサネットサービス。どこでもゼロコンフィグでセキュアな通信が行える。

オススメユーザー  国内外の複数拠点をL2-VPN接続したい企業。リモートメンテナンスや在宅勤務の環境整備を低コストで簡単に行いたい企業。


OCSLAM  2014/06/01


システム・エンジニアリング・サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  LAN構築 | メインフレーム | アクセスポイント | ネットワーク管理

製品概要  IBM製と富士通製、各メインフレーム間のスムーズな通信を実現する互換通信ソフトウェア。LANによる高速接続で、ストレスのない端末相互乗り入れやNJE通信を支援する。

オススメユーザー  富士通製、IBM製のメインフレームを導入している企業。柔軟性の高い端末相互通信を行いたい企業。


Enterpras  2012/09/28


ステラクラフト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【価格例】300ユーザ…Std 3.0(ライセンス版):57万5000円ARM(アプライアンス版):92万円※税別

カテゴリ  認証 | その他ネットワークセキュリティ関連 | LAN構築 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  簡単な設定画面で高度な認証システムの構築が行えるRADIUSサーバ。無線LAN、VPNからVLANまで、あらゆるネットワークのセキュリティ対策に必須な機能を搭載している。

オススメユーザー  高度で信頼性の高い認証システムを、簡単かつ低コストで構築したい企業や学校。


セキュリティイベント監視・分析 GFI EventsManager  2015/11/01


ネクスト・イット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●参考価格50ライセンス:183万7500円 100ライセンス:350万円※税別

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

製品概要  LAN上にインストールし接続されているすべてのハードウェア、ソフトウェアが生成するログをイベントとして収集し一元管理できる。ログの解析、削除などの自動処理も可能。

オススメユーザー  ネットワークセキュリティ、法令遵守、あるいはフォレンジック調査などで「イベントの監視・分析・管理」を検討中の企業。


「SLA」に関するセミナー情報

IDaaS OneLoginご紹介セミナー 締切間近

サイバネットシステム


開催日

 12月14日(水)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  ID管理 | 認証 | シングルサインオン

概要  Office 365やSalesforce.com、最近ではBoxやSlackなどのクラウドサービスの導入が企業で進んでいます。企業の業務がクラウド中心になるこ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ


「SLA」に関する特集



 SophosLabs (ソフォスラボ) では、Android デバイスを標的とする新しいランサムウェアにつ いて警告するように呼びかけています。 ランサムウェアは、マルウェアの一部です。デバイスの画面いっぱいに広がって他のアプリケーションを触れなくし、ポップアップを表示して、デバイスをロックします。


カテゴリ  アンチウイルス |




 前回は具体的により現実的なテスト手法がどうあるべきかを説明した。今回は、そのようなテスト手法を使うことによって見えてくるセキュリティ製品、セキュリティベンダの本当の実力について解説する。 2009年7月、8月に、米国の第三者テスト機関であるNSS Labsがより現実的なテスト手法を使ってウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品の比較テストを行った。このテストでは、ユーザの実環境と昨今の脅威の約9割がソーシャルエンジニアリングを悪用した形でインターネットから来ていることを踏まえ、インターネットに接続したPCを使い、Webから来る脅威に対するセキュリティ製品の総合的な防御力を測っている。さらに、日々登場する最新の脅威サンプルを使用して8時間ごとに17日間かけてテストを行った。その中からセキュリティ製品を選定するに当たって重要な要素が見えてくる。以下、実際にNSS Labsが実施した、ユーザの実環境に即したテストの結果をもとに、製品選定のポイントのいくつかを紹介したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 ICT運用品質を議論する時の指標として、「システム基盤の非機能要件」が真っ先に挙げられる。非機能要件とは、対象業務の業務機能要件以外の要件を指す。具体的にはシステムの稼働率(MDT)や平均障害回復時間(MTTR)、クライアントへの応答時間などである。SLAの中に組み入れて利用されることも多い。 しかし今や、ICT運用の本質は「正確で安定的な運用」を担保した上で、ユーザへの「適正なサービスの提供」という次元に入ったと考えるべきである。業務システムの実現は、以前のように単一のシステム基盤に沢山の業務システムを乗せるのでなく、業務システムごとの品質要件にあったシステム基盤を選ぶことも可能になりつつある。 そうした場合、ICT運用の品質管理やその指標はどのようにすればよいだろうか。まず業務システムごとのプロファイリングから始める必要がある。その際に考慮する要素は、業務システムの重要度と事業継続リスクである。その視点から要求運転時間、許容障害回復時間、セキュリティレベルなどが決められるべきである。 加えて「第3回 ICT運用コストの最適化(1)一番の近道はコストの見える化」で記述した、業務システム毎の運用コストや連鎖コストがあると更に充実する。図9-1ではその関係を図示した。プロファイリングの結果、業務が要求する運用品質と大きなギャップがある場合は早急に是正する。逆に過剰な運用品質であった時は、次回の再構築(マイグレーション)などで適正化を図りICT運用コストを下げることができる。 このようなプロファイリング情報を経営者やユーザ責任者と共有して、企業の中長期ICT計画に取り入れることでICTの運用品質は確実に適正化に向かうだろう。更にクラウドの導入判断やその際のSLA擦り合わせ、サーバ仮想化のグルーピングなどにも役立つ。


カテゴリ  システムコンサルティング |


「SLA」に関するニュース



 株式会社Subotは、業務の自動化を支援するSlackボットサービス「Subot」で、チームメンバーと共有できるディクショナリー機能を公開した。「Subot」は、チャットサービス「Slack」上で利用できるチャットボット。チームの定例ミーティングや共有事項のリマインドを配信したり、メンバーのカレンダーの空き時間か…


カテゴリ  その他情報共有システム関連 |




 株式会社サードウェーブデジノスは、HPC向け並列コンピューティング用プロセッサXeon Phiの次世代製品「Knights Landing」を採用した製品2機種を発表した。「Knights Landing」は、メニー・インテグレーテッド・コアアーキテクチャの次世代製品で、最大72コアに増加され、最大2.5倍の浮動小数点演算性能を備えて…


カテゴリ  クラスタリング | デスクトップパソコン | PCサーバ




 さくらインターネットは、大きな計算資源を優れたコストパフォーマンスで利用できる「高火力コンピューティング」の1シリーズとして、「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」の提供を9月30日に開始する。さくらの専用サーバ 高火力シリーズでは、NVIDIAの「Tesla M40」(12GB)を搭載した「Teslaモデル」と、よりコ…


カテゴリ  クラスタリング | IaaS/PaaS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SLAとSLOの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ