「skysea バックアップ ツール」に近い情報
「バックアップ ツール」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップ ツール」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリー(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディーに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリーの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリーしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリーされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリーされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「バックアップ ツール」に関する記事情報

バックアップツールの導入状況と課題(2018年) : IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員141人を対象にアンケート調査を実施した。導入時に重視するポイントや満足度などバックアップツールの導入実態が明らかになった。

BCPとバックアップツールの導入状況(2016年)/後編 : IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などが明らかになった。

BCPとバックアップツールの導入状況(2016年)/前編 : IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。BCP(事業継続計画)の対応状況やバックアップツールの導入状況などが明らかになった。

サービス復旧の視点から考える、バックアップツール活用術 : IT導入完全ガイド:

バックアップはしてもリストアはしたことがない。では、操作ミス、機器障害、ウイルス感染、災害など、いざというときに通常の状態に戻すまでにどんな操作と時間が必要だろうか?

バックアップツールの導入状況(2014年度) : IT担当者300人に聞きました:

バックアップツールの実態調査を実施した。導入率は全体で59.7%と高いが、中小企業での導入率は35.1%に留り、導入しない理由の1位は「メリットが明確でない」だった。

「バックアップ ツール」に関するIT製品情報

複数サーバのバックアップを一括管理 バックアップの状況も容易にチェック

株式会社ネットジャパン

ビジネスデータのバックアップは必須業務だが、“統合管理コンソール”があればその管理効率はぐんと向上する。バックアップソリューションで実績を持つ信頼の国内ベンダーが自社開発した一元管理ツールの魅力に迫る。

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector

株式会社ネットジャパン

仮想/物理環境もそのままバックアップ。ライセンス体系も柔軟!

リアルタイムレプリケーション【Arcserve Replication/HA】

arcserve Japan合同会社

クラウドにも対応! 様々なニーズを満たすバックアップ・ツール

「バックアップ ツール」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。