「SKY ACTIVE 開発 共有ツール -MBD」から探す!IT製品・セミナー情報

「SKY ACTIVE 開発 共有ツール -MBD」 に近い情報
「SKY 開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SKY ACTIVE 開発 共有ツール -MBD」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、コンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、コールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「SKY 開発」に関するセミナー情報

CCPM実践セミナー(プロジェクト管理セミナー)

ビーイング


開催日

 12月13日(火)

開催地 愛知県   参加費 無料


カテゴリ  プロジェクト管理 |

概要  TOC(制約理論)のプロジェクト向けソリューションであるCCPMは、近年、自動車製造業のマツダの「SKYACTIV TECHNOLOGY」開発や三井造船の設計部…

オススメユーザー  プログラマ|製造・生産管理|システムの設計・運用


会社、部署別にポイントを絞って解説!CCPM導入事例セミナー

ビーイング


開催日

 1月17日(火)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  プロジェクト管理 |

概要  TOC(制約理論)のプロジェクト向けソリューションであるCCPMは、近年、自動車製造業のマツダの「SKYACTIV TECHNOLOGY」開発や三井造船の設計部…

オススメユーザー  経営者CIO|システムの設計・運用|製造・生産管理


「SKY 開発」に関する特集



 ここまでで、Facebook、TwitterなどのSNSやWindows Live SkyDrive、Dropboxなどのファイル共有について話してきた。これらはすべて、ビジネス目的で作られたアプリケーションではない。当初の目的は、コンシューマ用途だ。 コンシューマ向けに作られたものだが、ビジネスでも便利であるということが広まり、ビジネス用途でも使われるようになった。かくして、IT管理者が導入したアプリケーションではない、コンシューマ向けのアプリケーションが組織の中に大量に入り込んだ。 かつて軍事目的で米国国防総省を中心に開発されたARPAnetが元となりインターネットに進化した。多くの企業が使い始めると、もともと何の目的かということなど関係なくなり、「使わない」という選択肢はなくなった。コンシューマ目的のアプリケーションも既に、仕事のコミュニケーションに入り込んでいて、「使わない」と拒否し続けられるのも時間の問題だ。 こうなってくると、IT管理者は新しいテクノロジーをどう有効活用してビジネスを最大化させるか、セキュリティ上の懸念をどうカバーするか、必要な制限は何かを考えていく必要がある。 それでは今回の本題、「Skype」について話していこう。


カテゴリ  IP電話 | 暗号化


「SKY 開発」に関するニュース



 ユニットコムは、VR(バーチャルリアリティー)開発向け17型ノートPC「Sol-17FG098-i7K-VRS-DevelopVR」を発売した。価格は29万9980円(税別)から。Sol-17FG098-i7K-VRS-DevelopVRは、デスクトップ向け「VR READY」対応グラフィックスと、Skylakeアーキテクチャプロセッサを搭載し、VRヘッドマウントディスプレイ…


カテゴリ  ノートパソコン |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SKY ACTIVE 開発 共有ツール -MBD」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ