「SIEM IDS 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「SIEM IDS 違い」 に近い情報
「SIEM 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SIEM IDS 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「SIEM 違い」に関するIT製品情報

内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」  2016/05/09


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 100万円〜(税別)

カテゴリ  統合ログ管理 | その他ネットワークセキュリティ関連 | フォレンジック | サーバー管理

製品概要  ・ファイルサーバのアクセスログを生成する・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

オススメユーザー  ・情報漏洩対策をしたい企業・サイバー攻撃対策をしたい企業・SIEMなどによる統合監視を検討されている企業


「SIEM 違い」に関するセミナー情報

Intel Security社公認 McAfee SIEMハンズオントレーニング

マクニカネットワークス


開催日

 2月9日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

概要  標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化により、外部からの侵入をセキュリティ機器で防御する「予防的対策」だけでなく、侵入された場合にいち早く検知、調査、対処を行う「発見…

オススメユーザー  情報システム部の統括|営業・販売|経営者CIO


Intel Security社公認 McAfee SIEMハンズオントレーニング

マクニカネットワークス


開催日

 3月2日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

概要  標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化により、外部からの侵入をセキュリティ機器で防御する「予防的対策」だけでなく、侵入された場合にいち早く検知、調査、対処を行う「発見…

オススメユーザー  情報システム部の統括|営業・販売|経営者CIO


Intel Security社公認 McAfee SIEMハンズオントレーニング

マクニカネットワークス


開催日

 4月6日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

概要  標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化により、外部からの侵入をセキュリティ機器で防御する「予防的対策」だけでなく、侵入された場合にいち早く検知、調査、対処を行う「発見…

オススメユーザー  情報システム部の統括|営業・販売|経営者CIO


Intel Security社公認 McAfee SIEMハンズオントレーニング

マクニカネットワークス


開催日

 5月30日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

概要  標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化により、外部からの侵入をセキュリティ機器で防御する「予防的対策」だけでなく、侵入された場合にいち早く検知、調査、対処を行う「発見…

オススメユーザー  情報システム部の統括|営業・販売|経営者CIO


Intel Security社公認 McAfee SIEMハンズオントレーニング

マクニカネットワークス


開催日

 6月20日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

概要  標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化により、外部からの侵入をセキュリティ機器で防御する「予防的対策」だけでなく、侵入された場合にいち早く検知、調査、対処を行う「発見…

オススメユーザー  情報システム部の統括|営業・販売|経営者CIO


「SIEM 違い」に関する特集



 昨今多発する、標的型攻撃に由来した情報漏洩対策として、Webアクセスの一元化による安全な通信を確保するプロキシサーバーの重要性が再認識されています。このような状況の中で、デジタルアーツは、標的型攻撃対策として「検知・防御・教育」の3つの要素が重要であると考えています。 本連載では、標的型攻撃対策の中でも「検知」の分野で注目されている「SIEM」の必要性について考えていきます。第1回では、「SIEM」とは何かをご紹介しました。第2回となる本稿では、「SIEM」で検知した情報の効率的な活用方法についてご紹介します。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 昨今多発する標的型攻撃に由来した情報漏洩対策として、Webアクセスの一元化による安全な通信を確保するプロキシサーバの重要性が見直されています。このような状況の中で、デジタルアーツは、標的型攻撃対策として「検知・防御・教育」の3つの要素が重要であると考えています。本連載では、標的型攻撃対策の中でも「検知」の分野で注目されている「SIEM」の必要性について考えていきます。第1回となる本稿では、まず「SIEM」とは何かをご紹介します。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




2014年度はSIM製品30億円、SIEM製品27億円の市場規模が見込まれる統合ログ管理ツール。企業の導入目的は?占有率1位ベンダも注目


カテゴリ  統合ログ管理 |


「SIEM 違い」に関するニュース



 NTTデータ先端技術は、ユーザー環境にSIEM(Security Information and Event Management)を導入した際の効果評価や、セキュリティ対策の現状分析を支援する「スポットログ評価サービス『LogDiver』」の提供を開始した。LogDiverでは、インテルセキュリティ(マカフィー)の統合セキュリティログ分析ソリューション…


カテゴリ  セキュリティ診断 | システムコンサルティング




 ゾーホージャパンは、統合ログ管理ソフト・簡易SIEM(Security Information and Event Management)「ManageEngine EventLog Analyzer」の新版(ビルド11025)の提供を開始した。本ソフトは、WindowsイベントログやSyslogの相関分析に活用できる他、任意のテキスト形式のログを取り込んでログフォーマットの定義付…


カテゴリ  統合ログ管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SIEM IDS 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ