「SET とは」から探す!IT製品・セミナー情報

「SET とは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SET とは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SET とは」に関するIT製品情報

IT資産管理 LanScope アセットキャット(Asset Cat)  2012/11/15


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10ライセンス : 34万3000円(税別)〜100ライセンス : 71万8000円(税別)〜

カテゴリ  IT資産管理 | リモートアクセス | WAF | その他ネットワークセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  8年連続市場シェアNo.1を誇るLanScopeシリーズのIT資産管理専用パッケージ。IT資産管理、ソフトウェア資産管理(SAM)の機能を1つのパッケージで提供。

オススメユーザー  PC・ネットワーク機器・プリンタなど、IT資産管理を行いたい企業。ソフトウェア資産管理(SAM)を徹底したい企業。


Websense TRITON Solution Unified Content Security  2014/07/15


ウェブセンス・ジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DLP | データベースソフト | UTM | WAF | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  オンプレミス、クラウドのハイブリッドでの提供により、各拠点のネットセキュリティを一元管理。セキュリティガバナンスの強化を実現。

オススメユーザー  国内外問わず分散する拠点のインターネットセキュリティを統合管理したい企業。


クラウド型社内資産管理ソフト Assetment Neo  2016/11/15


アセットメント

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額6万円〜(税別)※ 利用ユーザ数無制限※ 資産数やオプションにより価格変動、詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  IT資産管理 | その他運用管理関連

製品概要  クラウド型の社内資産管理ソフト。社内の資産管理台帳を一元化して、常時正確な管理状態を維持。他社のIT資産管理ソフトと連携し、所在不明な機器を把握する。

オススメユーザー  バーコードやRFIDを使ってIT機器の現物管理をしたい企業。ラック図や保守契約などのIT機器の付帯情報も一元管理したい企業。


固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite  2017/09/15


プロシップ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他基幹系システム関連 | ERP | 会計システム

製品概要  4500社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS16新リース会計にも対応。多言語・多通貨による管理も可能。

オススメユーザー  最適な固定資産管理で業務効率化を実現したい企業/IFRS対応、グループ統一システムの構築を検討されている企業


ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」  2017/11/15


NTTテクノクロス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 年間サブスクリプション:60万円〜(税別)

カテゴリ  IT資産管理 | ID管理

製品概要  保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。

オススメユーザー  多様なライセンス形態に管理が追い付かず、違反リスクがある企業。ライセンスの一元管理ができていない企業など。


「SET とは」に関する特集



10BASE5や10BASE2、10BASE-Tなど従来の有線LANで主流となっていたイーサネット規格をおさらいしつつ、高速化が著しい無線LAN規格をまとめて紹介!普及が進むと考えられているIEEE802.11gの特長、詳しく解説します!


カテゴリ  無線LAN |




 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス


「SET とは」に関するニュース



 アライドテレシスは、ギガビットイーサネット(GbE)スマートPoE+スイッチ「AT-GS950/48PS」の出荷を6月30日に開始する。本製品は、10/100/1000BASE-Tポートを44個と、SFPスロットと10/100/1000BASE-Tのコンボポートを4個装備する。10/100/1000BASE-TポートはIEEE 802.3at準拠のPoE+機能を搭載し、1本の…


カテゴリ  ネットワークスイッチ | 認証




 アイ・オー・データ機器は、最大10Gbpsの高速通信に対応した8ポートのスイッチングハブ「BSH-10G08」の出荷を7月下旬に開始する。価格は8万円(税別)。本製品は、10Gbps(理論値)の通信が可能な10GBASE-Tに対応。同じく10GBASE-Tに対応したサーバや機器と組み合わせることで高速通信が可能になる。また、それぞ…


カテゴリ  ネットワークスイッチ | その他ネットワーク関連




 アライドテレシスは、ギガビットイーサネット・スマートPoE+スイッチ「AT-GS950/10PS」の出荷を8月2日に開始する。本製品は、10/100/1000BASE-Tポート8つに加え、SFPスロットと10/100/1000BASE-Tのコンボポートを2つ装備する。10/100/1000BASE-TポートはIEEE 802.3at準拠のPoE+機能を搭載し、1本のイーサネ…


カテゴリ  ネットワークスイッチ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SET とは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ