「SERVICENOW 課金」から探す!IT製品・セミナー情報

「SERVICENOW 課金」 に近い情報
「課金」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SERVICENOW 課金」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「課金」に関するIT製品情報

ePromo  2013/02/21


伊藤忠テクノソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月次枚数に応じた従量単価※月額最低料金10万円(3000枚含む)※税別

カテゴリ  帳票管理システム | 電子帳票システム | コールセンター/CTI | FAXサービス | 電子メール

製品概要  「取引先に応じて紙とWebの帳票を使い分けたい」など、細かなニーズにも対応できる帳票サービス。利用枚数に応じた課金のため低コストで利用できる。

オススメユーザー  帳票の電子化によるコストダウンを図りたいが、従来の電子帳票サービスを導入できなかった企業。


災害対策リモートバックアップサービス ディスパッチャー  2014/11/01


イーネットソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【基本メニュー】初期費用 別途打ち合わせ月額費用 9000円/100GBまで※税別

カテゴリ  バックアップサービス |

製品概要  クラウドストレージへの定期的なデータバックアップを実現するサービス。永久増分のみで都度のフルバックアップは不要、重複データの排除と従量課金制でコストは最小限。

オススメユーザー  重要データやシステムのバックアップを遠隔地ロケーションで実現したい、コストを抑えながら確実なBCP対策を実現したい企業。


SAS Visual Analytics  2015/03/15


SAS Institute Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 サーバーコア数に応じた価格:4コアで95万2000円〜(税別価格、利用ユーザ数は問わない)

カテゴリ  BI | ビッグデータ | BA | その他データ分析関連

製品概要  ビジュアルなインターフェースを通して容易で直感的な操作性と高速なパフォーマンスでデータの集計・分析が可能で、更に将来を予測できる画期的なBI製品。

オススメユーザー  サーバー(コア)課金型で利用ユーザ数は無制限に使えるコストパフォーマンスに秀でたBIの導入を必要としている企業。


CloudSmartGate  2015/09/10


メディアマート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 1IDあたり月額300〜500円※ID数に応じて割引があります最低利用期間:6ヵ月、最小ID数:30※税別

カテゴリ  認証 | その他スマートデバイス関連 | シングルサインオン

製品概要  スマートデバイスとWebサーバをつなぎ、端末認証・セキュリティ確保を実現する統合認証基盤。クラウド型のため、初期投資は不要で月額課金のみで利用できる。

オススメユーザー  ユーザの利便性を損なうことなく、スマートデバイスから安全に社内システムやSaaSを使える環境を低コストで構築したい企業。


「課金」に関する特集



 2016年10月13日、米Zuoraの日本法人であるZuora Japanは自社の「リレーションシップ・ビジネス・マネジメント(RBM)」サービスが東芝グループのIoTサービスの基盤に採用されたと発表した。ZuoraのいうRBMとは、サブスクリプション型ビジネスモデル運営のためのSaaSプラットフォームを指す。 東芝では、グループ内のIoT関連部門や人材を統合し、社内カンパニー「東芝インダストリアルICTソリューション社」を2015年に設立している。同社ではグループ全体のIoT基盤構築を進めており、IoTビジネスの利用形態や課金方式でも多様な要求に対応すべく整備しているところだという。この中の1つが「サブスクリプション型」の課金体系というわけだ。 ZuoraのRBMプラットフォームは、経済紙『Wall Street Jornal』、オンラインストレージサービスを提供するbox、エンタープライズ向けのクラウドサービスを展開するIBM、通信キャリア大手AT&T、IoTソリューションなどを開発するゼネラル・エレクトリック(GE)などに採用されている。B2Cでは旅行情報サービスを運営するTripAdvisorもユーザーだ。 Zuora Japanは2015年に設立、サービスの日本語化が完了した2016年4月から本格的な事業活動を開始しており、日本経済新聞社、コマツ、日本ユニシス、Freeeなどが既に導入企業に名を連ねている。三井情報、日立ソリューションズが販売パートナーになっており、決済ではGMOペイメントゲートウェイと提携している。ペイメントゲートウェイ(オンライン決済代行事業者)についてはこの他にも複数社と交渉を進めているという。


カテゴリ  システムインテグレーション |


「課金」に関するニュース



 カイト株式会社は、クラウド上で容易にアプリ内課金を開始できるサービス「itemstore(アイテムストア)」に、アイテム購入者や非購入者へ定期的なプッシュ通知を配信できる機能を追加した。「itemstore」は、アプリ内課金のプログラム実装ができなくても、容易にアプリ内課金を開始可能にするクラウドサービス。…


カテゴリ  その他メール関連 | その他スマートデバイス関連 | 開発環境/BaaS




 ビープラッツは、定期サービスや月額課金といったサブスクリプションモデルでの継続課金を簡素・迅速に行えるサービス「Bplatsライト」の提供を開始した。本サービスでは、商品を登録することで、Webで販売するためのURLを取得でき、WebサイトやSNS、ECサイトなど、場所を問わずに設置できる。また、顧客の注文や…


カテゴリ  販売管理システム |




 株式会社Sassorは、IoT(Internet of Things)ソリューションを提供している事業者向けに、センサデバイスとクラウドを連携させ、施設内のデータ取得・分析に適した月額課金型IoTサービスの提供を開始する。今回提供されるサービスでは、デバイスに6つの項目(温度、湿度、気圧、照度、騒音、人の動き)を測定で…


カテゴリ  その他情報システム関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SERVICENOW 課金」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ