「SEP USB許可手順 ハミング」から探す!IT製品・セミナー情報

「SEP USB許可手順 ハミング」 に近い情報
「SEP」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SEP USB許可手順 ハミング」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SEP」に関するIT製品情報

WisePoint(ワイズポイント)シリーズ  2014/04/01


ファルコンシステムコンサルティング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 WisePoint Authenticator:20万円/100ユーザほか※税別

カテゴリ  認証 | シングルサインオン

製品概要  利便性と高いセキュリティ強度を同時に実現した認証システム。画像を用いたイメージングマトリクス認証、乱数表のマトリクスコード認証など多彩な認証方式が可能。

オススメユーザー  Webアプリケーションの業務活用に際し、シングルサインオンでユーザの利便性とセキュリティを強化したい企業。


クラウド対応認証シングルサインオン WisePoint Shibboleth  2017/03/11


ファルコンシステムコンサルティング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 定価40万円(税別)※100ユーザの場合※アカデミック価格あり

カテゴリ  シングルサインオン | 認証 | ワンタイムパスワード | ID管理

製品概要  ワンタイムパスワード認証システム「WisePointシリーズ」の、クラウドサービス・社内Webシステムへのログインに特化した製品。Shibboleth(シボレス)認証、SAML2.0対応。

オススメユーザー  複数のログイン認証をシンプル化したい企業。ID、パスワードの認証に加え、ワンタイムパスワード認証を導入したい企業など。


DefenseProシリーズ  2012/12/15


日本ラドウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  UTM | IPS | IDS | フィルタリング | ネットワーク管理

製品概要  既知の脆弱性を防ぐシグネチャベースの防御機能と、非脆弱性の攻撃やゼロミニット攻撃が防御可能なラドウェア社独自の振る舞い検知型攻撃防御システムを搭載したIPS。

オススメユーザー  シグネチャベースの防御機能では検知不可能な非脆弱性ベースの攻撃など、未知の脅威からも自社環境を保護したい企業・団体。


WISE Print 印刷ログ監査  2017/02/01


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 9200円/1ユーザ (100〜500ユーザライセンス単価、税別、サポート費用別)※詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他運用管理関連 | DLP | 統合ログ管理

製品概要  印刷イメージを含めた印刷の履歴を一元管理し、印刷物からの情報漏洩対策を実現する印刷セキュリティソリューション。インク/トナーの節約など印刷コスト削減にも貢献。

オススメユーザー  紙媒体からの情報漏洩対策を強化したい企業。印刷履歴を一元管理したい企業。不要な印刷や印刷物放置の抑止をしたい企業。


設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」  2016/11/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【ライセンス標準価格】※税別 CAD Editor : 36万円(1ユーザ)Contributor : 27万円(1ユーザ)Viewer : 63万円(5ユーザ)

カテゴリ  文書管理 | その他情報システム関連 | ファイル共有 | CAD

製品概要  SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。

オススメユーザー  SOLIDWORKSの設計データ管理を効率化したい企業。拠点間を結ぶデータ管理や設計変更プロセスの体系的な処理を行いたい企業など。


「SEP」に関する特集



 前回までに、「ModSecurity」の基本的な機能である脆弱性を悪用する攻撃からアプリケーションを保護する仕組みを説明し、加えてIPAの実績をもとにWAFが脆弱性を悪用する攻撃に対して有効であることを説明した。しかし、WAFには導入・運用の際に、気を付けなければならない課題がいくつか存在する。その中でも、今回は実際の導入事例から「偽陽性(false positive)の発生」について確認していく。 なお、偽陽性とは、本来「正常なHTTP通信」であるにもかかわらず、「不正なHTTP通信」と判定する判定エラーである。また、今回記述する内容がそのまま他のWAFに当てはまらない可能性がある点に留意していただきたい。


カテゴリ  WAF |


「SEP」に関するニュース



 Omise Holdingsは、EC事業者向けオンライン決済サービス「Omise Payment」で、リンク型決済機能「Links」の提供を開始した。SNSやメッセージングアプリ上で商品を販売するソーシャルコマースやB2B(Business to Business)取引に利用できる。Omise Paymentは、初期費用や固定費用をかけずにクレジットカード決済…


カテゴリ  EC | 会計システム




 富士通は、データベース(DB)ソフトウェア「FUJITSU Software Enterprise Postgres」の出荷を11月末に開始する。オープンソースソフトウェア(OSS)「PostgreSQL」をベースに、セキュリティや処理性能、信頼性を向上する同社の技術を装備する。本製品では、PostgreSQLをはじめ、その活用に必要な各クライアントモ…


カテゴリ  データベースソフト | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SEP USB許可手順 ハミング」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ