「SEC コーディング規約 対応 解析ソフト」から探す!IT製品・セミナー情報

「SEC コーディング規約 対応 解析ソフト」 に近い情報
「SEC 対応」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SEC コーディング規約 対応 解析ソフト」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SEC 対応」に関するIT製品情報

Check Point Endpoint Security  2012/12/31


チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DLP | ファイアウォール | フィルタリング | 暗号化 | アンチウイルス

製品概要  ウイルス/スパイウェア/Webフィッシング/フルディスク暗号/メディア暗号対策など、トータル・エンドポイント・セキュリティに必要なコンポーネントを搭載。Windows 7対応。

オススメユーザー  エンドポイント・セキュリティを総合的に対策、または必要機能を選択して対策を行い、運用管理コストや手間を削減したい企業。


電子文書管理システム SFS(Security Filing System)  2014/07/01


立山システム研究所

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 SFSサーバライセンス:120万円(税別)SFSクライアントライセンス:8000円(税別)

カテゴリ  文書管理 |

製品概要  使いやすい操作性、大量の文書にも対応できる高機能の電子文書管理システム。従来の文書管理システムに課題を持つユーザから多数のリプレース実績を持つ。

オススメユーザー  現在導入している文書管理システムに、機能や仕様、パフォーマンス面などでの不満があり、リプレースを検討中の企業。


ActSecureクラウドメールセキュリティサービス  2016/11/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額2万円(メール利用者数100ID)〜 ※税別

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。

オススメユーザー  マイナンバー制度に向け、メールシステムの標的型攻撃/情報漏洩対策を短期間で導入したい企業や、運用人材確保が困難な企業。


フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc  2017/11/16


ウィンマジック・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

オススメユーザー  従業員が社外でノートPCなどを使う機会が多く、セキュリティ向上のためハードディスクの暗号化と機器の一元管理を行いたい企業。


スマートデバイス用データ共有サービス 「FUSION Secure Drive App」  2015/12/15


楽天コミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用無料、最低利用期間なし▼基本サービス 月額費用 900円/ユーザ▼ストレージ容量 月額費用 100円/GB※税抜

カテゴリ  MDM | オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイル共有 | ナレッジマネジメント | 文書管理

製品概要  スマホ、タブレットなどのスマートデバイス対応に特化したクラウド型データ共有サービス。メールでは送れない大容量ファイルでも、外出先からスムーズに共有できる。

オススメユーザー  個人で所有するスマホ、タブレットのビジネス利用(BYOD)を推進中の企業。ファイル共有を安全かつ効率的に行いたい企業。


「SEC 対応」に関する特集



 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス




 前回の西本の記事に「入鉄砲に出女」というキーワードが出たが、セキュリティインシデントの監視にあたり、通信の向きを考えることは非常に重要である。今回は「入鉄砲」にあたる組織外から発生するセキュリティインシデントについて取り上げる。 ラックのセキュリティ監視センターJSOC(Japan Security Operation Center)では約500社の企業や組織のセキュリティ状態を監視しており、日々多数のセキュリティインシデントを発見、対応している。組織外から発生するセキュリティインシデントは以下の3種類の攻撃によって発生している。


カテゴリ  WAF | IDS




 2015年にTrustWaveが発表した調査レポート『2015 Trustwave Global Security Report』によると、世界全体でのマルウェア攻撃による利益率は、1425%にも上るといわれています。 これはつまり、「マルウェア攻撃という市場は年間1000万円投資すれば、1.4億円ものバックがある『もうかるビジネス』である」 という見方をする攻撃者が増えてきていることを示しています。それに対応するように、2016年の米国におけるデータ侵害による被害額の平均は7.01万ドル(約7.9億円)に達するというレポート『2016 Ponemon Cost of Data Breach study』もあります。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「SEC 対応」に関するニュース



 A10ネットワークスは、ADC製品「Thunder ADC」シリーズの新モデルの提供を6月6日から順次開始する(オープン価格)。Perfect Forward Secrecy(PFS)/App Transport Security(ATS)対応のSSL暗号処理を高速化する「第3世代SSL/TLS専用ハードウェア」を搭載する。今回の新モデルは、アプリケーション配信とサーバ…


カテゴリ  ADC/ロードバランサ | ファイアウォール | 暗号化




 NECは、CSIRT(セキュリティインシデント対応チーム)の運用業務にかかる時間を短縮できるクラウドサービス2種類を順次発売する。今回発売されるのは、システム全体の脆弱(ぜいじゃく)性管理が可能な「ActSecure セキュリティリスク管理サービス」と、AI(人工知能)で未知のサイバー攻撃に対応できる「ActSecur…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 インテリジェント ウェイブ(IWI)は9月1日、企業のCSIRT(Computer Security Incident Response Team)の運用を効率化するセキュリティインシデント対応自動化ツール「eyeShare」を発売する。ayehu(アエフ)が提供する本製品は、ITオートメーション機能を利用して、インシデント対応プロセスを自動化(ロボット…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | BPM



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SEC コーディング規約 対応 解析ソフト」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ