「sdn nfv 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「sdn nfv 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説SDN(仮想ネットワーク)とは?

SDN(Software Defined Network)とは、物理的なネットワーク構成をそのままに、ソフトウェアで通信経路を制御できる機能を持ったネットワークのこと。SDNはITシステムの仮想化が進むなかでネットワークがどんどん複雑化していくのを防ぐことができる。ネットワークが複雑化する主な要因は、サーバ仮想化によってサーバ増設が簡単になったからである。仮想化技術を導入することで社内のサーバ数が飛躍的に増加する現象が至るところで起きており、その増加スピードにネットワーク構成変更が追い付かない状況が生まれている。SDNは、この課題に対しての解決策の1つとして期待されている。

「sdn nfv 違い」に関する記事情報

国内SDN市場は今後5年間で3倍に成長、その要因とは? : 市場成長予測アーカイブ:

データセンターを中心に立ち上がったSDN/NFV市場が大きな成長を続けている。2022年の市場規模は1759億円と2017年の約3.4倍になるとみられる。その要因は何か?

SDN活用で「帯域やセキュリティを必要な時に」提供するKDDI : KeyConductors:

SDNやNFVといった技術を活用してどのように付加価値の高いサービスを実現していくか。KDDIのサービス例を紹介する。

SDNと日本のインターネット基盤の未来とは : KeyConductors:

柔軟なネットワーク制御を実現するとして注目を集めるSDNやNFVといった技術によって日本のインターネット基盤はどのように変化するのだろうか。

「sdn nfv 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。