「SASとは IT」から探す!IT製品・セミナー情報

「SASとは IT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SASとは IT」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SASとは IT」に関するIT製品情報

SAS Analytics Pro  2014/09/30


SAS Institute Japan

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DWH | BI | ETL

製品概要  データの抽出・加工/分析/レポート作成がドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で行えるデスクトップETL・分析ツール。変化を見据えた柔軟で高度な分析環境を提供。

オススメユーザー  分析担当者が自身で簡単にデータの抽出、高度な分析、レポートの作成などを行えるデータ分析ツールをお探しの企業。


SAS Visual Analytics  2015/03/15


SAS Institute Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 サーバーコア数に応じた価格:4コアで95万2000円〜(税別価格、利用ユーザ数は問わない)

カテゴリ  BI | ビッグデータ | BA | その他データ分析関連

製品概要  ビジュアルなインターフェースを通して容易で直感的な操作性と高速なパフォーマンスでデータの集計・分析が可能で、更に将来を予測できる画期的なBI製品。

オススメユーザー  サーバー(コア)課金型で利用ユーザ数は無制限に使えるコストパフォーマンスに秀でたBIの導入を必要としている企業。


クラウド型人事・給与・就業ソリューション POSITIVE on CLOUDiS  2013/06/01


電通国際情報サービス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 勤怠管理システム | 人事管理システム | 会計システム

製品概要  人事・給与・就業を対象としたクラウドサービス。従来からパッケージで提供している「POSITIVE」を自社運用し、子会社ではクラウドを活用するハイブリッド導入も可能。

オススメユーザー  IT資産を保有することなく、初期コストを抑えて人事・給与・就業管理システムの導入、リプレースを行いたい企業。


クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS)  2017/02/28


キヤノンITソリューションズ

企業規模  中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 Sライセンス(開発):0円/3ヵ月Dライセンス(開発):120万円〜 Rライセンス(実行):6万円〜※税別

カテゴリ  開発環境/BaaS | IaaS/PaaS | テストツール | DevOps

製品概要  クラウドやオンプレミスで稼働させるWebアプリケーションの開発、検証、本稼働を迅速に行えるクラウド開発基盤。クラウド&標準技術&GUIツールでスピード開発を実現。

オススメユーザー  Webアプリ開発のスピードを向上させたい、いずれはクラウドで本番稼働させたい、中堅・大手企業の情報システム部門及びSIer。


脅威検出/分析プラットフォーム RSA Security Analytics  2017/06/29


EMCジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 個別見積り

カテゴリ  IDS | IPS | 検疫

製品概要  従来の分析ソースであるログ情報に加えパケット情報と脅威インテリジェンスを統合し、従来は発見困難だった脅威も迅速な検出を可能にする脅威検出/分析プラットフォーム。

オススメユーザー  エンタープライズレベルのセキュリティ水準が求められる企業。高度な脅威検出・分析環境を求めるセキュリティアナリスト。


「SASとは IT」に関する特集



物理、仮想、クラウド環境向け専用のストレージソリューションを提供するクアンタム社の調査(http://biztech2.in.com/news/business-continuity-disaster-recovery/90-cos-feel-their-data-is-unsafe-from-a-disaster/140302/0)では、90パーセントの企業が「障害発生時に自社のデータをきちんと守り切れない」と回答しています。障害発生時には、まず、ダウンタイムを最小化させることが一番重要となります。しかし、最小化させるソリューションとして、「ディザスタリカバリ向けのソリューションは高額かつ複雑」というイメージが支配的で、当該ソリューション導入の障壁になっています。結果、それらのソリューションは、ディザスタリカバリソリューションに予算が割ける、大企業のみが導入されているのが現状です。一般的にも、そのようなイメージを持っている人は多いのではないでしょうか? しかし、インターネットにいつでも、どこでもつながり、そしてモバイルデバイスで24時間365日データにアクセスし、ビジネスも眠らない、常にデータのやりとりが発生している昨今、「もしも」の時に準備をするのは大企業だけでいいのでしょうか?


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「SASとは IT」に関するニュース



 SAS Institute Japanは、機械学習に対応した、クラウド型のオープンでスケーラブルな分析基盤「SAS Viya」の新版の提供を開始した。本製品では、ビジネスアナリストやデータサイエンティスト、ソフトウェア開発者が、インメモリ上に格納した同一のビッグデータから同時に洞察を導き出して、ビジネスの課題に対処で…


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 富士通は、SAS Institute Japanのアナリティクスソリューションをクラウドサービスとして提供する。第1弾として、企業の予算編成や連結業績の把握・分析を迅速に行える予算管理ソリューションの提供を6月中旬に開始する。価格は、初期費用が400万円〜、月額費用が55万円〜(50ユーザー)。SASの予算管理ソリュー…


カテゴリ  会計システム | データ分析ソリューション




 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、専門知識がなくても容易に使用できるBIツールをクラウドで提供するサービス「cloudage works by Microsoft Azure -SAS Analytics Services-」の提供を6月22日に開始した。価格は年間360万円〜(税別)。本サービスでは、SAS Institute Japanが提供する、利用者自身がレポ…


カテゴリ  BI | データ分析ソリューション



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SASとは IT」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ