「SAS システム 読み方」から探す!IT製品・セミナー情報

「SAS システム 読み方」 に近い情報
「SAS システム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SAS システム 読み方」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SAS システム」に関するIT製品情報

海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」  2013/12/31


ビーブレイクシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 1拠点につき4万円〜※税別※別途初期導入費用が必要。

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 販売管理システム | 会計システム | グループウェア

製品概要  現地言語・通貨で処理された会計データを取り込み海外拠点の財務状況を把握・分析したり、現地での物品購買や重要稟議を本社や統括会社で管理できるクラウド型システム。

オススメユーザー  海外拠点の財務状況を把握・分析できる体制や、内部統制を強化・確立したい海外進出企業。


ATEMS  2015/12/01


プラネット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  特定業種向けシステム | 在庫管理システム | 販売管理システム | CRM | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  専門小売店・飲食店向けPOSソリューション。3000店以上の導入経験から考えられたシステムとサービスは、売上向上や効率化をサポートする。

オススメユーザー  【業種】文具/雑貨、アパレル、スポーツ用品、ファストフード、カフェ、均一ショップ、セレクトショップ。


クラウド型人事・給与・就業ソリューション POSITIVE on CLOUDiS  2013/06/01


電通国際情報サービス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 勤怠管理システム | 人事管理システム | 会計システム

製品概要  人事・給与・就業を対象としたクラウドサービス。従来からパッケージで提供している「POSITIVE」を自社運用し、子会社ではクラウドを活用するハイブリッド導入も可能。

オススメユーザー  IT資産を保有することなく、初期コストを抑えて人事・給与・就業管理システムの導入、リプレースを行いたい企業。


在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS  2017/05/27


日立物流ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期導入費用 30万円基本サービス利用料 月額10万円〜※いずれも税別詳しくはお問い合わせ下さい

カテゴリ  SCM | 在庫管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。

オススメユーザー  コストや時間をかけずに最適な在庫管理/倉庫管理を実現し、業務を改善したい企業。


@Tovas  2016/08/28


コクヨ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期導入費 20万円〜月額(API使用料) 3万円〜月額(1送信アカウント) 3000円〜※税別

カテゴリ  電子帳票システム |

製品概要  帳票データのFAX、ファイル送信を行うクラウドサービス。上位システムと柔軟に連携し、自動送信機能をシンプルに構築。帳票関連業務の効率化をトータルでサポートする。

オススメユーザー  FAXサーバのクラウド化、郵送の電子化により、請求書や注文書などの帳票配信にかかる手間とコストを削減したい企業。


「SAS システム」に関する特集



 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「SAS システム」に関するニュース



 日本光電工業とNTTデータアイは、医療機関向けに「脳波解析システム NATESAS」の提供を4月に開始する。日本光電の脳波計で計測した脳波データを分析して脳活動の状態を可視化し、脳活動が関連する病態に関わる判断・評価または診断を行うための情報を提供する。本システムでは、事前に収集した脳疾患患者群と健常…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他データ分析関連




 富士通は、SAS Institute Japanのアナリティクスソリューションをクラウドサービスとして提供する。第1弾として、企業の予算編成や連結業績の把握・分析を迅速に行える予算管理ソリューションの提供を6月中旬に開始する。価格は、初期費用が400万円〜、月額費用が55万円〜(50ユーザー)。SASの予算管理ソリュー…


カテゴリ  会計システム | データ分析ソリューション




 クリエーションラインは、レッドハットと協業し、PaaS(Platform as a Service)「Red Hat OpenShift Container Platform」(OpenShift)の導入コンサルティングやインテグレーション、運用サポート、トレーニングサービスの提供を開始した。今回提供するインテグレーションサービスでは、OpenShiftを活用して社内…


カテゴリ  IaaS/PaaS | その他仮想化関連 | 運用系業務アウトソーシング | システムインテグレーション | システムコンサルティング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SAS システム 読み方」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ