「SANDVINE 価格」から探す!IT製品・セミナー情報

「SANDVINE 価格」 に近い情報
「SAND」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SANDVINE 価格」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説SANとは?

SANは「Storage Area Network」の略で、サーバにストレージ用のネットワーク環境を提供する仕組みのことを指す。SANを導入すると、ストレージ装置はサーバから独立することになり、複数のサーバのデータを集中管理することが可能になる

「SAND」に関するIT製品情報

MapFan SDK  2015/03/16


インクリメント・ピー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  開発ツール | GPS | その他情報システム関連 | その他開発関連

製品概要  アプリケーションに地図機能を簡単に組み込むことができる地図アプリ開発キット。iOS/Androidに対応し、特にオフライン利用に強いSDK機能を提供する。

オススメユーザー  アプリケーションに地図機能を組み込んで活用したいユーザ。特にオフラインでの利用を想定しているユーザ。


スマートデバイス管理ツール LanScope An (iOS・Android・Win対応)  2016/12/15


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ●年額プラン 1200円/台(税別) ※登録料 6800円/台(税別)●月額プラン 300円/台(税別)

カテゴリ  MDM |

製品概要  スマートデバイスの紛失・盗難対策に欠かせないリモートロック・ワイプ機能や位置情報取得のほか、資産管理、操作ログ取得など端末の管理・活用機能も搭載した新しいMDM。

オススメユーザー  スマートデバイスのセキュリティ対策や投資対効果、資産管理でお悩みの方。営業活動の効率化や勤務管理方法の見直しを検討中の方


FortiSandbox  2017/04/04


図研ネットウエイブ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | UTM | セキュリティ診断

製品概要  巧妙化する未知の脅威に対して、実効性の高い対策を可能にする統合ソリューション。二重構造のサンドボックスを基盤に、最新の脅威情報を包括的に活用して対策が取れる。

オススメユーザー  未知の脅威に対する対策を強化したい企業。固有の構成や要件にも柔軟に対応可能なアプライアンスを探している企業。


Magic xpa Application Platform  2017/07/06


マジックソフトウェア・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 開発環境:18万5000円(税別)〜 /ユーザ実行環境:お問い合わせ下さい

カテゴリ  開発環境/BaaS | 開発ツール

製品概要  クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。

オススメユーザー  クライアント/サーバ、Web、RIA、モバイルRIAなど様々な形態のアプリケーションを低コストに開発・運用したい企業。


FileBlog(ファイルブログ)  2016/12/01


鉄飛テクノロジー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【直販 10ユーザ20万文書の場合】 初年度:6万5000円(税抜)〜【1000ユーザ200万文書の場合】 初年度:225万5000円(税抜)〜

カテゴリ  文書管理 |

製品概要  ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。

オススメユーザー  ・高性能な文書検索/管理ツールを小規模でも導入したい企業・iOS/Android端末からファイルサーバにアクセスしたい企業


「SAND」に関するセミナー情報

Delphiモバイルアプリケーション開発入門コース(東京開催)

ミガロ.


開催日

 8月29日(火)

開催地 東京都   参加費 4万2120円(税込)


カテゴリ  開発言語 | その他スマートデバイス関連 | 開発ツール

概要  マルチデバイスアプリケーション開発ツールへと進化したDelphiを使って、iOS、Androidに対応可能なモバイル開発手法を習得いただくコースです。豊富な開発…

オススメユーザー  プログラマ


営業・販促現場を強化するモバイルコンテンツ活用とは 締切間近

インフォテリア


開催日

 8月29日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  タブレット | スマートフォン | ファイル共有

概要  昨今、iOS、Android、Windows、など多様なデバイスが普及し業務活用が進み、同時にモバイルを活用したコンテンツ管理システム活用も進んでまいりました。…

オススメユーザー  営業・販売|経営者CIO|全社スタッフ


「SAND」に関する特集



ビジネスシーンにおける“脱PC”が進んでいる。その一翼を担うのが「タブレット」だが、そのターゲットはベンダの設計思想によっても、表示と操作を兼ねるディスプレイサイズによっても異なる。


カテゴリ  タブレット |




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「SAND」に関するニュース



 Donutsは、クラウド型のワークフローシステム「ジョブカンワークフロー」と経費精算システム「ジョブカン経費精算」で、iOS/Android対応のスマートフォンアプリをリリースした。ジョブカンワークフローは、社内の稟議申請書や捺印申請書などをPCやスマートフォンから申請・承認でき、紙のやりとりが発生しない。ジ…


カテゴリ  ワークフロー | その他スマートデバイス関連 | 会計システム




 JBサービス(JBS)は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズと協業し、次世代ファイアウォール(NGFW)「Check Point Security Appliance」やエンドポイントセキュリティ「SandBlast Agent」の運用サービスの提供を5月末に開始する。Check Point Security Applianceは、ウイルスやボット、スパムなど…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 運用系業務アウトソーシング




 グレープシティは、AR(拡張現実)アプリ開発用SDKの新バージョン「Wikitude SDK 6」を発売した。本製品は、iOS/Androidアプリ用にARエンジンをSDKとして提供する。既存のモバイルアプリにさまざまなAR機能を自由に組み込むことができる。今回の新バージョンでは、場所を認識してARコンテンツを重ねる「ロケーショ…


カテゴリ  開発ツール | その他スマートデバイス関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SANDVINE 価格」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ