「SAFEBOOTとは」から探す!IT製品・セミナー情報

「SAFEBOOTとは」 に近い情報
「SAFE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SAFEBOOTとは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SAFE」に関するIT製品情報

ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP  2018/02/01


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 InterSafe IRM:1万5000円〜InterSafe SD基本セット:1万1700円〜 *税別、詳細は補足説明を参照

カテゴリ  DLP |

製品概要  「ファイル暗号化」「デバイス制御」「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。

オススメユーザー  情報漏洩対策を一元管理で実施したい企業。業務効率を落とすことなく、データを安全に活用したいと考えている企業。


safeAttach  2015/04/01


クロス・ヘッド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●アプライアンス180万円〜(miniは70万円〜)●クラウドサービスsafeAttachクラウドサービス 7万円〜CUMO 月額600円/1名※税別

カテゴリ  メールセキュリティ | 暗号化

製品概要  ユーザ数に左右されないライセンスフリーのメール誤送信対策製品。アプライアンス版もクラウドサービスも提供しているので、企業の状況にあった製品選定が可能。

オススメユーザー  フル機能のメール誤送信対策を、低コストで導入したい企業。クラウドサービスの活用により、管理負荷低減を実現したい場合にも。


InterSafe MobileSecurity/InterSafe MobileSecurity Lite  2018/03/11


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費10万円〜、1デバイス6000円/年〜(税別)

カテゴリ  フィルタリング | タブレット | スマートフォン | MDM | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  スマートデバイスのWeb閲覧やアプリ利用、社内アクセスを一括制御するセキュリティサービス。専用アプリ不要でSafariやAndroid標準ブラウザが使え既存システムに影響なし。

オススメユーザー  業務用スマートデバイスの私的利用や情報漏えいを防止したい企業。Webやアプリを安全に業務活用したい企業。


SafeGuard Enterprise Encryption for Cloud Storage  2013/06/15


ソフォス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 参考価格100ユーザ企業:1ユーザあたり1180円税別

カテゴリ  暗号化 | オンラインストレージ/ファイルストレージ

製品概要  PCから無料のクラウドストレージにUPするデータを簡単な操作で強固に暗号化。ノートPCやスマートフォンから場所を問わず、ストレージ上のデータを安全に利用可能。

オススメユーザー  「Dropbox」「SkyDrive」などのクラウドストレージを業務に利用したいが情報漏洩が不安。より安全に活用したい企業。


InterSafe Cache  2012/11/08


アルプス システム インテグレーション

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 ■初年度サーバー1台目:50万円2台目以降:25万円■次年度以降サーバー1台目:12万5000円2台目以降:6万2500円※税別

カテゴリ  UTM | SDN | フィルタリング

製品概要  高速キャッシュに統合管理コンソール、Webフィルタリング、ログ分析などの機能を搭載した、汎用サーバーで使える国産のソフトウェア型セキュアプロキシ。

オススメユーザー  低コストでWeb環境を高速化し、セキュアな状態に保ちたい企業。情報漏洩やインターネットの私的利用を防止したい企業。


「SAFE」に関する特集



メッセンジャーは便利なコミュニケーションツール。ところが、IMで拡散するワームが増加中!知人からのメッセージも要注意!


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 前回は仮想化によってどのようなセキュリティ上の懸念、課題が出てくるのかについて解説した。今回は仮想環境に対するセキュリティとして、VMsafe APIを利用した仮想化レイヤを基盤としたセキュリティ対策、特にバーチャルアプライアンスについて解説する。


カテゴリ  その他仮想化関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 情報管理に関するセキュリティ向上のためには、ヒューマンエラーを減らし、かつ万が一のエラー発生時へのシステム的な備えが重要です。しかし、人をサポートするためのシステムが、ヒューマンエラーの原因になるという逆転現象が起きてしまっては元も子もありません。 これに対して当社が提供している「InterSafe IRM」では、ファイルは保存時に自動で暗号化されます。ファイルを開いて、編集して、保存するという普段と変わらない作業の中で、暗号化が自動的に行われるので、利用者は暗号化を意識せずにすみます。当然利便性が損なわれることもありません。


カテゴリ  暗号化 |


「SAFE」に関するニュース



 シュナイダーエレクトリックは、石油、ガス、化学などのプラント向けの安全計装システム「EcoStruxure Triconex Safety Systems」シリーズで、小型・軽量・省電力の「Tricon CX」を発売する。本シリーズは、安全規制を順守しつつ、予期しない業務の中断の可能性を抑え、安定的な運用を可能にする。今回の新製品は…


カテゴリ  特定業種向けシステム |




 ハイパーギアは5月1日、PDFファイルの不正な2次利用や情報漏えいを防止できる製品「PsafeVIEW」を発売した。本製品では、電子証明書で暗号化されたPDFをWebブラウザ内でのみ閲覧できる。閲覧を許可するWebサイトを限定したり、閲覧可能な有効期間を指定したりでき、閲覧可能条件を満たさない場合はPDFが端末へ配…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | PDFソフト




 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は4月27日、教育機関や自治体で導入が進むSBC(サーバベースコンピューティング)環境に対応したファイル暗号化ソリューション「InterSafe FileProtection Basic」を発売した。本ソリューションでは、ファイルを特定のフォルダにドラッグ&ドロップすることで暗号化…


カテゴリ  暗号化 | その他仮想化関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SAFEBOOTとは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ