「SA-M0 価格」から探す!IT製品・セミナー情報

「SA-M0 価格」 に近い情報
「SA-M」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「SA-M0 価格」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SA-M」に関するIT製品情報

IT資産管理 LanScope アセットキャット(Asset Cat)  2012/11/15


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10ライセンス : 34万3000円(税別)〜100ライセンス : 71万8000円(税別)〜

カテゴリ  IT資産管理 | リモートアクセス | WAF | その他ネットワークセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  8年連続市場シェアNo.1を誇るLanScopeシリーズのIT資産管理専用パッケージ。IT資産管理、ソフトウェア資産管理(SAM)の機能を1つのパッケージで提供。

オススメユーザー  PC・ネットワーク機器・プリンタなど、IT資産管理を行いたい企業。ソフトウェア資産管理(SAM)を徹底したい企業。


SAM診断サービス  2015/03/15


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  IT資産管理 |

製品概要  自社のライセンス管理の現状を見える化するサービス。問題がある場合は改善につなげることができ、また不正使用の発見や、ライセンスコストの削減につなげることが可能。

オススメユーザー  メーカーからライセンス調査票が届き、対応が必要な企業。社内でソフトウェアの不正使用がないか不安を感じている企業。


情報漏えい対策+資産管理ツール MaLionCloud  2017/12/11


インターコム

企業規模  中小企業・SOHO 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  IT資産管理 | メールセキュリティ | 統合ログ管理

製品概要  情報漏えい対策とIT資産管理・SAM、働き方改革支援まで網羅したクラウド型PC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した製品づくりが特長。

オススメユーザー  情報漏えい対策とIT資産管理に関して、WindowsとMacの両端末を統合的に管理したい企業。企業ガバナンスの順守を図りたい企業。


クラウド対応認証シングルサインオン WisePoint Shibboleth  2018/01/01


ファルコンシステムコンサルティング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 定価40万円(税別)※100ユーザの場合※アカデミック価格あり

カテゴリ  シングルサインオン | 認証 | ワンタイムパスワード | ID管理

製品概要  多要素認証システム「WisePointシリーズ」の、クラウドサービス、社内・学内Webシステムへのログインに特化した製品。Shibboleth認証、SAML2.0対応、IdP、SP機能。

オススメユーザー  オンプレとクラウドのアクセスを簡素化したい企業。クラウド利用時に認証を強化したい企業など。


ITサービス管理ソフトウェア WebSAM IT Process Management  2018/04/15


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 50万円〜※税別

カテゴリ  サービスデスク | 統合運用管理

製品概要  システム運用で起こる日々の事象を、ITILに基づき管理し、運用の効率化と品質向上を実現するITサービス管理ソフトウェア。ITサービス管理プロセスの効率的な運用を支援。

オススメユーザー  システム運用サポート業務やヘルプデスクの効率化、品質向上を通して、CS向上を考えている運用管理部門、サポート部門。


「SA-M」に関する特集



64ビット環境を必要とする高度なアプリケーションが増えてきました。今回は、64ビットCPUと対応ソフトウエアの最新事情を解説します!


カテゴリ  PCサーバ |




 AWS(Amazon Web Services/アマゾン ウェブ サービス)は、今では企業規模や業種を問わず、誰もが利用するクラウドサービスプラットフォームになりました。グローバルで鍛えられ、実績が豊富、サービスメニューも多様なことから、Webシステムはもちろん、従来ならオンプレミス構築が常識だった基幹系システムにも多用されています。 しかしながら「IT資産のオフバランス化」や「運用管理の省力化」などにばかり注目してAWSに業務システムを構築・移行していくと、特にセキュリティ面の実装がおろそかになり、気づかずに高リスクなシステムになっていることがあるのです。セキュリティ設定と運用は、オンプレミス構築システムと本質的には変わらず、ちょっとした勘違いや間違った思い込みが、情報漏洩などの思わぬ大事件に発展しないとは言えません。 そこで今回は、AWSを安全に利用するために、IT部門や業務部門の担当者が知っておくべき「落とし穴」と、そこに陥らないようにするコツを、4回連載で紹介していきたいと思います。


カテゴリ  IaaS/PaaS |




 IaaSは日本企業に今やすっかり受け入れられたように見えますが、クラウド導入に対する不安はなかなか無くならないようです。多くの調査でクラウドへの不安の有無を尋ねるとほとんどは「ある」と回答され、その不安要素の筆頭は「セキュリティ」です。 ところが、「セキュリティのどの部分に問題があるのか」という問いに関する回答は、漠然としています。可用性・稼働率のように具体性のある数字で表される事項への不安よりも、数値化できない「いつか何か悪いことが起きるのでは」という漠然とした不安感の方が勝っているのがどうやら現実のようです。 私は「cloudpack」というAWS(Amazon Web Services)を利用するお客様向けに、24時間365日のフルマネージドサービスを提供している会社に所属しています。当社のお客様の中にも、クラウドのセキュリティを自社のステークホルダーに納得してもらうことに苦労されている方が多く、安全性をどう評価すれば良いのか、導入以前の検討段階で悩まれる企業も多いようです。 cloudpackは、自社のインフラのほとんどをAWSで実装しており、そのセキュリティがどのような手段もしくは方法で保たれているのかを、「cloudpack Security White Paper」というドキュメントを通じて公開しています。このドキュメントは、主にお客様にcloudpackを安心してご利用いただくために情報をオープンにしているわけですが、自社のインフラにクラウドを利用したいと関心を持ちながらも、漠然とした不安をお持ちの方にも役立つだろうと考えています。 今回は、当社のホワイトペーパーをなぞらえながら、ぜひチェックしていただきたい主要ポイントを、全4回で解説したいと思います。自社のインフラに、クラウドを活用したいと考えている方々にご参考になれば幸いです。


カテゴリ  認証 |


「SA-M」に関するニュース



 スターティアは2018年1月、セキュリティに優れたクラウドストレージ「セキュア SAMBA Pro」を発売する。「セキュア SAMBA」では、Windowsのファイルサーバと同様の使い勝手で、他拠点や自宅、取引先ともファイルを共有、交換できる。今回の新サービスでは、セキュリティ機能が向上している。許可されたアプリケー…


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイル共有 | ファイル転送 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 CIJは11月27日、タブレット端末を利用したペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」の新版(Ver3.1)を発売した。今回の新版では、サーバ上で資料を管理する多機能版「フォーマルモード」の利用に必要なサーバ用プラットフォームとして、Windows以外にLinuxも選択できるようになった。これにより、既存のSambaサ…


カテゴリ  文書管理 | その他スマートデバイス関連




 ディー・ディー・エスは2月14日、多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」の新バージョンの提供を開始した。本製品は、Windowsログオンやアプリケーションでの認証に加え、仮想化環境など、幅広いシステムに適用できる。指紋認証を始めとしたさまざまな方式による多要素認証を、拡張性の高いプラグインアーキテ…


カテゴリ  認証 | シングルサインオン



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「SA-M0 価格」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ