「RPO バックアップ」から探す!IT製品・セミナー情報

「RPO バックアップ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「RPO バックアップ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「RPO バックアップ」に関するIT製品情報

常時インバータUPS・無停電電源装置 Super Powerシリーズ  2014/09/15


ユタカ電機製作所

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 UPS1510SPL:19万8000円※税別

カテゴリ  UPS |

製品概要  薄型のコンパクトな筐体でありながら、電源状況に合わせて省エネ運転を行うエコモードも搭載した、高効率ラックマウント型常時インバータ(オンライン)方式UPS。

オススメユーザー  ICT機器の電力バックアップと高密度搭載対策が必要なデータセンタや企業。省エネ・省スペースを実現したい企業。


「RPO バックアップ」に関する特集



 バックアップの世界においてRPO(Recovery Point Objective)とは、復旧時点目標/目標復旧時点/リカバリポイント目標を意味します。例えば、1時間毎に常時バックアップを取っていれば、毎回1時間前までのデータは復旧できます。このことを「1時間の復旧時点目標」と言います。しかし、これだけでは十分ではありません。もしあなたが1ヵ月前に削除してしまったファイルが突然必要となったら…どうしますか?1時間前のバックアップデータを復旧しても意味がありません。解決方法として、1ヵ月前のデータ、または、1年前のバックアップデータが必要となるのです。


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「RPO バックアップ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ