「PROXY LOG 情報」から探す!IT製品・セミナー情報

「PROXY LOG 情報」 に近い情報
「LOG 情報」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「PROXY LOG 情報」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「LOG 情報」に関するIT製品情報

LOG@Adapter(ログアダプタ)  2017/02/07


エイチ・シー・ネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ソフトウェア+初年度サポート20ライセンス:40万円40ライセンス:80万円無制限ライセンス:150万円※税別価格

カテゴリ  統合ログ管理 | UTM | 検疫 | フィルタリング | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  企業内のSyslogを収集・管理するソフトウェア製品。社内の不正操作を監視することで情報漏洩の抑止と発生後の調査を実現する。※ハードウェア版あり

オススメユーザー  情報漏洩対策として、ログの収集・管理を手軽に一元管理したいユーザ。企業コンプライアンスの強化を図りたいユーザ。


CA Clarity PPM  2013/08/01


CA Technologies

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  プロジェクト管理 | ワークフロー | ナレッジマネジメント | データ検索ソフト | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  プロジェクトの情報を一元的に管理し可視化することで、進捗状況や予算配分、リソースの割り当てなど、トラブルの兆候を発見し、早期に対策を実施できるソフトウェア。

オススメユーザー  プロジェクトの進捗やリソースの管理だけでなく、要求管理から投資判断などを含めたポートフォリオも統合的に管理したい企業。


クライアントPC操作ログ取得ツール QND ClientLog  2013/02/01


クオリティソフト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 100クライアント 66万9000円(税別)

カテゴリ  統合ログ管理 | データ分析ソリューション | IT資産管理 | 統合運用管理

製品概要  14種類のクライアントPC操作ログを自動で収集。違反行為を自動で通知するアラート機能や原因追跡行うトレース機能を駆使し、不正行為の発見から対処までシームレスに実現。

オススメユーザー  監視に専任の人員を確保することは難しいが、社員の現在の利便性を維持しつつ、情報漏洩や不正利用を抑止したい企業。


ログソフトウェア「IVEX Logger Series」  2014/10/15


アセンテック+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  仮想・物理環境問わず、Windows OS上での操作ログを生成・取得する製品。接続元の端末情報などの詳細ログ、仮想・物理混在環境でログを取得し、一元管理が可能。

オススメユーザー  クライアントPC・サーバ・VDI・SBC・リモートアクセス・仮想化(シンクライアント)環境で操作ログを取得したい企業。


CA Spectrum ネットワークインフラ監視  2015/07/15


CA Technologies

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ネットワーク管理 | その他ネットワーク関連 | 統合運用管理

製品概要  ネットワーク・サーバー機器などインフラの障害管理ツール。トポロジーマップ、根本原因分析、サービス影響管理、構成情報管理などの機能を提供。

オススメユーザー  MTTRの短縮、監視/運用コストの削減、ユーザへの状況報告の質向上などを課題とする大規模ネットワークの担当者。


「LOG 情報」に関するセミナー情報

IDaaS OneLoginご紹介セミナー

サイバネットシステム


開催日

 4月26日(水),5月31日(水),6月28日(水)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  ID管理 | 認証 | シングルサインオン

概要  Office 365やSalesforce.com、最近ではBoxやSlackなどのクラウドサービスの導入が企業で進んでいます。企業の業務がクラウド中心になるこ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ


「LOG 情報」に関する特集



 タブレット端末やスマートフォンの普及にともなって、インターネット上の検索や購買履歴の情報などをGPSの位置情報と関連付けて、利用者の行動履歴情報を収集・活用するサービスが人気だ。TwitterやFacebookなどがその代表サービスとして「ライフログ」サービスと総称して呼ばれている。「ライフログ」は英語の“Life(生活)”と“log(ログ)”の合成語であるが、一般的な定義としては、「個人が何らかの行動を行った際の行動結果や履歴について、スマートフォン端末やPCなどを通じて収集・記録された情報のことであり、その情報を自分自身または第三者が利用可能となっているもの」とされているが、よくよく考えてみるとライフログの情報そのものが広義の意味での個人情報であり、アイデンティティ情報の一部であることが容易に想像できると思う。 そもそも、“アイデンティティ情報とは何か”の定義については、おさらいとして過去の記事を参照いただきたい。


カテゴリ  ID管理 | 統合ログ管理




 「人と人」をつなぐツールとして今までコンシューマ主体でにぎわいを見せていたソーシャルネットワークサービス(SNS)が、「お客様と企業」をつなぐツールとして企業でも利用されるケースが多くなってきた。WebページやBlogとは違った即効性のある情報を、その強力な拡散力で急激に広めることができる仕組みに企業の熱い視線が注がれているからだ。しかし、その活況の一方ではソーシャルID/パスワードの流出や、流出したソーシャルID/パスワードが別サイトで不正利用されるなど、セキュリティ事故も頻繁に報道されるようになってきている。 ここでは4回にわたり、SNS活用のメリットとセキュリティ上の脅威、そして脅威への有効な対策などを、ユースケースを利用しながら考察していきたい。


カテゴリ  認証 |




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「LOG 情報」に関するニュース



 インフォサイエンスは、統合ログ管理システムの新バージョン「Logstorage Ver.6」の出荷を開始した。価格は65万円〜(税別)。「Logstorage」は、内部統制や情報漏えい対策、PCI DSS準拠、マイナンバーの利用監査、標的型攻撃対策など、主に企業内のITシステムの適切な利用のモニタリングを目的に導入できる。今回…


カテゴリ  統合ログ管理 |




 マピオンは、国勢調査などのオープンデータを参照、活用できる無料Webサイト「マピオン データマップ」を公開した。マーケティングや市場調査の情報収集などの参考にできる。本サイトでは、同社の位置情報分析ツール「loghouse」を用いて、人口数や世帯数就業日数・時間などを地図上に可視化した10種類のデータマ…


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 ラネクシーは、クライアント操作ログ管理ソフトウェアの新版「MylogStar 3 Release5」の出荷を12月20日(予定)から順次開始する。本ソフトは、企業内のすべてのPC操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化できる。管理対象となるクライアントPCのログオン/ログオフ、アプリケーション、…


カテゴリ  統合ログ管理 | IDS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「PROXY LOG 情報」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ