「PKI SSL 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「PKI SSL 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「PKI SSL 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説PKI(公開鍵基盤)とは?

PKI(Public Key Infrastructure)は、ネットワークに内在する盗聴、成りすまし、データの改ざんなどの脅威を回避し、通信の事実の事後否認を許さない仕組みを、電子証明書や認証局、公開鍵暗号方式などを用いて実現するもの。「登録局」(RA)、「認証局」(CA)、「リポジトリ」で構成され、PKIユーザはRAに登録(証明書申請)し、RAでは実在するユーザーであることなどを確認して、認証局(CA)に証明書発行を依頼、CAでそのユーザー固有の証明書を発行という流れで運用される。

「PKI SSL 違い」に関する特集



暗号化の仕組みとしてさまざまWeb環境で用いられている「SSL」や暗号化の技術基盤「PKI」。この仕組みを知らずして暗号の基本は語れません。SSLやPKIを基礎から解説しながら、暗号にまつわる知識を深めましょう!


カテゴリ  PKI |




 前回、概要を述べたDigiNotarによる不正SSLサーバ証明書発行事件が具体的にどのような事件であり、どのような影響が考えられるのかについて見ていくための準備として、今回は2つのキーワードを解説する。そのキーワードとは「SSLサーバ証明書が発行されるためのPKIの仕組み」と「Comodo Hacker」である。


カテゴリ  PKI |




あまり意識しないSSLサーバー証明書の運用管理。1024ビット鍵長の公開鍵とSHA-1ハッシュアルゴリズムの脆弱性や移行の問題とは?


カテゴリ  暗号化 | その他ネットワークセキュリティ関連 | 認証 | PKI



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「PKI SSL 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ