「PALO ALTO とIDSとの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「PALO ALTO とIDSとの違い」 に近い情報
「PALO ALTO」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「PALO ALTO とIDSとの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「PALO ALTO」に関するニュース



 富士通エフサスは、Palo Alto Networksのエンドポイントセキュリティ「Traps」の導入・運用に関するサービスの提供を開始する。価格は個別見積もり。Trapsは、マルウェアやエクスプロイトの検出機能を組み合わせることで、既知および未知の脅威がネットワーク末端のPCなどへ侵入することを未然に防ぐ。今回提供す…


カテゴリ  アンチウイルス | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「PALO ALTO とIDSとの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ