「PALO ALTO とIDSとの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「PALO ALTO とIDSとの違い」 に近い情報
「PALO ALTO」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「PALO ALTO とIDSとの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「PALO ALTO」に関するIT製品情報

NetStare  2013/06/15


セキュアヴェイル

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■Palo Alto Networks PAシリーズ 15万円〜(月額)■Fortinet FortiGateアプライアンス4万円〜(月額)※税別

カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | UTM | セキュリティ診断 | サーバー管理 | 統合ログ管理 | パフォーマンス診断

製品概要  システムの安定稼働とセキュリティの確保において、性能・稼働状態の監視やトラブル対応といったシステム運用に関する様々な業務をサポートする運用監視サービス。

オススメユーザー  常に安全かつ安定したシステムを利用できる体制を整えたい、高度なシステム運用・セキュリティ対策を専門家に任せたい企業。


「PALO ALTO」に関するニュース



 マイクロネットワークテクノロジーズ(MNT)は2018年初頭、既知および未知のマルウェアに即座に対応するセキュリティ製品「Palo Alto Networks Traps(Cloud)Model」を発売する。初期費用は無料で、月額費用のみで1アカウントから導入できる。ENDPOINT ARMORが提供する本製品は、Palo Alto Networksのセキュリテ…


カテゴリ  アンチウイルス |




 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、UTM(統合脅威管理)製品のセキュリティ監視と運用を24時間365日行うサービス「MSS(マネージド・セキュリティ・サービス)for UTM」の提供を開始した。対象のUTMはFortinetの「FortiGate」とPalo Alto Networksの「PAシリーズ」。複数のセキュリティ機能を横断的に分析し、…


カテゴリ  UTM | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「PALO ALTO とIDSとの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ