「OTPトークン 仕組み」から探す!IT製品・セミナー情報

「OTPトークン 仕組み」 に近い情報
「OTPト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「OTPトークン 仕組み」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説OTP(ワンタイムパスワード)とは?

OTP(ワンタイムパスワード)とは、1回限りの使い捨てパスワードを用いて本人認証を行うことで、高い安全性を確保できる認証技術。桁数が多く意味のない数字・英字の羅列など、推測が難しいパスワードを用いつつ、定期的にパスワードを変更する仕組みになっている。ワンタイムパスワードの生成・表示には主にトークンが用いられるが、そのトークンの小型化や低価格化、更に携帯電話やスマートフォンを用いる方式の登場などにより、利便性が高まっている。

「OTPト」に関する特集



 本寄稿は4回連載における2回目となる。第1回目ではオンラインバンキングのおける業界的なOTPとPKIの使い分けについて、それらの認証強度の違い、PKI認証の安全性に疑義が生じている現状をまとめさせていただいた。第2回目となる今回は、OTP認証に比べてPKI認証が強固であるといえる別の技術的側面をまとめさせていただくとともに、証明書を盗む手口などをブラウザ種別ごとにまとめさせていただきたい。


カテゴリ  PKI | ワンタイムパスワード




 本寄稿は今回で第4回目となる。第1回目ではオンラインバンキングにおける業界的なOTPとPKIの使い分け。それらの認証強度の違い、PKI認証の安全性に疑義が生じている現状、第2回目は証明書を盗むことに対する技術的可能性の検討およびPKI強化策として全銀協が発表したICカードが備えるべきスペックのまとめ、第3回目ではフィッシング詐欺とOTP認証の取るべき対策の概要をまとめさせていただいた。本来、認証のっとり、すなわち不正な人間による別PCからのログインによる攻撃を主眼として全3回を予定していたが、認証識別子を盗む攻撃ではなく、マンインザブラウザ攻撃や不正遠隔操作等の視点がないと、手落ちではないか?というご指摘を多くいただいたため、第4回目を追加させていただいた。


カテゴリ  ワンタイムパスワード | PKI


「OTPト」に関するニュース



 EMCジャパンは、認証とアイデンティティ(ID)の管理製品「RSA SecurID Suite」の提供を開始した。RSA SecurID Suiteは、2要素認証のワンタイムパスワード(OTP)「RSA SecurID」とオンプレミスとクラウドのアプリケーションのログインをシングルサインオン(SSO)で一元化する認証プラットフォーム「RSA Via Acce…


カテゴリ  ID管理 | 認証 | シングルサインオン | ワンタイムパスワード



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「OTPトークン 仕組み」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ