「OS 仮想化 脆弱性」から探す!IT製品・セミナー情報

「OS 仮想化 脆弱性」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「OS 仮想化 脆弱性」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説仮想化とは?

仮想化とは、コンピュータやネットワーク、ストレージ、アプライアンスなどを物理的なシステム構成で管理するのではなく、論理的なシステム構成で管理することを指す。最初に仮想化技術が普及し始めたのは、サーバの世界から。仮想サーバを導入すると、1台のサーバの中に複数の論理サーバを設定することができ、あたかも複数のサーバが同時に稼働しているように使うことができる。次にストレージとクライアント/デスクトップの分野にも仮想化技術が導入されるようになった。デスクトップ仮想化では、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザはさまざまなデバイスを使って、LAN やインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる。キーボードやマウスの操作に応じて、サーバ上で実行されている仮想クライアント OS の画面情報が手元のデバイスに転送され、ローカル環境と同じようにデスクトップを操作できる。また、ストレージ仮想化では、ネットワークを含むシステム全体の中に点在しているストレージ(内蔵ハードディスク、NAS、SANなど)を単一の論理空間(ストレージプール)として1つに統合し、各サーバは必要なストレージ容量を仮想ディスクとしてストレージプールから自由に調達できる。そして、2013年ごろからようやくネットワークの世界にも仮想化技術が導入されるようになり、ソフトウェアで通信経路を制御できるSDN(Software Defined Network)に注目が集まっている。

「OS 仮想化 脆弱性」に関するIT製品情報

Trend Micro Deep Security  2012/07/31


トレンドマイクロ

企業規模  大企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 Deep Security Virtual Patch:12万5300円〜/サーバDeep Security Virtual Appliance Anti Virus:16万円〜/CPU※税別

カテゴリ  UTM | ファイアウォール | アンチウイルス | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  物理サーバにはエージェント型、仮想化環境には仮想アプライアンスによるウイルス対策や脆弱性対策(仮想パッチ)を提供する統合型サーバセキュリティソリューション。

オススメユーザー  物理サーバや仮想環境下のOSやWebアプリケーションの脆弱性対策を強化したい企業。VDI環境におけるウイルス対策を行いたい企業。



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「OS 仮想化 脆弱性」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ