「ORACLE JAVA STANDARD EDITION 意味」から探す!IT製品・セミナー情報

「ORACLE JAVA STANDARD EDITION 意味」 に近い情報
「STANDARD EDITION 意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ORACLE JAVA STANDARD EDITION 意味」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説EDIとは?

EDI(Electronic Data Interchange)を直訳すれば“電子データ交換”で、電子商取引におけるドキュメント形式の標準化を図り、企業間でやり取りされる発注書や請求書などのビジネス文書を電子化して、インターネットや専用線を介してやり取りするための仕組みのこと。

「STANDARD EDITION 意味」に関するIT製品情報

CompuSec  2013/11/01


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Basic Edition: 8000円Standard Edition: クライアント 1万2500円〜 / 管理ツール 20万円SW: 1万2800円SW: ダウンロード版 9800円※税別

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  モバイルPCやデスクトップPCを対象に起動前認証やハードディスク全体の暗号化を行う、認証・暗号化セキュリティソフト。

オススメユーザー  機密情報・顧客情報の取り扱いに不安を感じている企業。パソコンからの情報漏洩対策を検討中の企業。


ワークフローシステム開発キット「Web Plant SDK」  2017/06/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standard Edition:220万円(税別)100ユーザライセンス〜

カテゴリ  ワークフロー | システムインテグレーション | 開発ツール

製品概要  ◎既存の業務システムに申請/承認機能を追加するワークフロー構築エンジン◎業務システムをWebベースのワークフローで統合することで全社的な承認、決裁基盤を実現

オススメユーザー  申請/決裁機能の追加や業務システム間の承認機能を統合したいユーザ、ワークフロー機能を組み込んだサービスを提供したいSIer。


企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C  2018/04/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standardサーバライセンス:100万円〜最大100万ファイル数登録、2000ユーザーまで(2000ユーザー超の場合Server Edition)※税別

カテゴリ  ファイル共有 |

製品概要  複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。

オススメユーザー  社内の文書やデータを一元管理し、効率的に活用したい企業。社外パートナーや海外拠点と安全かつ確実に情報共有を行いたい企業。



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ORACLE JAVA STANDARD EDITION 意味」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ