「ORACLE JAVA STANDARD EDITION 意味」から探す!IT製品・セミナー情報

「ORACLE JAVA STANDARD EDITION 意味」 に近い情報
「ORACLE STANDARD EDITION 意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ORACLE JAVA STANDARD EDITION 意味」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説EDIとは?

EDI(Electronic Data Interchange)を直訳すれば“電子データ交換”で、電子商取引におけるドキュメント形式の標準化を図り、企業間でやり取りされる発注書や請求書などのビジネス文書を電子化して、インターネットや専用線を介してやり取りするための仕組みのこと。

「ORACLE STANDARD EDITION 意味」に関するセミナー情報

OracleからSQL Serverへの移行

サードウェア/グローバル・アスピレーションズ


開催日

 12月5日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  データベースソフト |

概要  【Oracle Database Standard Edition One の廃止】Oracle社は2016年3月、中小規模向けで安価だった「Oracle Da…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|システムの設計・運用



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ORACLE JAVA STANDARD EDITION 意味」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ