「OR/CR意味」から探す!IT製品・セミナー情報

「OR/CR意味」 に近い情報
「OR/C」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「OR/CR意味」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「OR/C」に関するIT製品情報

SensorCorpus(センサーコーパス)  2016/02/01


インフォコーパス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 スタンダード・プラン初期設定費用10万円1ヵ月ごと接続センサ数20台 5万円50台 8万7500円100台 12万5000円1000台 56万2500円※税別

カテゴリ  データ分析ソリューション |

製品概要  様々なセンサデータの収集から管理、可視化、分析までを、簡単・安価・セキュアに実現可能な“IoTサービスプラットフォーム”。

オススメユーザー  センサデータをリアルタイムの全社的な経営情報として活用したい製造業、農業、建設業、流通サービス業の企業など。


Sales Force Assistant(セールス・フォース・アシスタント)  2013/03/01


NIコンサルティング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:無料月額利用料:3900円/人 ※税別

カテゴリ  SFA | ワークフロー | CRM | グループウェア

製品概要  ゲーミフィケーションを採用し、自ら進んで楽しみながら戦略的な活動を行えるよう、営業担当者をアシストする営業支援・顧客管理システム。

オススメユーザー  戦略的で効率の良い営業活動を行いたい企業。営業担当者の業務を効率化したい企業。営業担当者の力をより引き出したい企業。


ITサービスマネジメント「LMIS on cloud」  2015/04/15


ユニリタ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 【参考価格(税別)】初期費用:30万円月額:10万円〜コンフィグレーション費用:お問い合わせ下さい※オンプレミス版もあり

カテゴリ  統合運用管理 | ワークフロー | データ分析ソリューション | 統合ログ管理 | CMS

製品概要  Force.com上で開発されたクラウド型ITサービスマネジメント。CMSにより、イベント管理、インシデント管理、問題管理などの各プロセスを統合管理。ワークフロー標準搭載。

オススメユーザー  ITサービスデスクの品質向上が課題の企業。コストや運用がハードルとなりマネジメントシステムの導入をあきらめていた企業。


ServerView Resource Orchestrator  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス5万円〜(税別)

カテゴリ  統合運用管理 | 垂直統合型システム | データセンター運用 | IT資産管理 | サーバー管理

製品概要  ICTリソースの有効活用と運用・管理の効率化を実現する、プライベートクラウドの基盤ソフトウェア。ICTのコストの最適化に貢献する。

オススメユーザー  サーバ集約・仮想化環境で、運用の効率化に着手し、標準化、自動化及びサービス化したプライベートクラウド構築が必要な企業。


ビッグデータ自動仕分けエンジン 「JetForce」  2015/12/01


Jetrunテクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データ検索ソフト | その他情報共有システム関連 | その他データ分析関連

製品概要  ビッグデータをリアルタイムに解析する拡張型テキスト解析エンジン。WebAPIでの連携により、アプリや外部サービスとのシステム連携が可能

オススメユーザー  製造業(特に自動車産業)に特化した、機械学習システムや人工知能を開発する企業向け。


「OR/C」に関するセミナー情報

【毎日開催】One to Oneセミナー(salesforce連携)

エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート


開催日

 7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  BPM | ワークフロー | IaaS/PaaS

概要  ワークフロー市場で8年連続国内No1(※)のintra-martとsalesforceが連携!案件化〜受注までの管理をsalesforce、受注後の複雑な業務プ…

オススメユーザー  その他


IDaaS OneLoginご紹介セミナー 締切間近

サイバネットシステム


開催日

 12月14日(水)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  ID管理 | 認証 | シングルサインオン

概要  Office 365やSalesforce.com、最近ではBoxやSlackなどのクラウドサービスの導入が企業で進んでいます。企業の業務がクラウド中心になるこ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ


「OR/C」に関する特集



 米Salesforce.comは、2016年9月19日(米国時間)、自社で提供する各種クラウドサービスに自然言語処理や深層学習(ディープラーニング)などの機能を組み込んだ「Salesforce Einstein(Einstein/アインシュタイン)」を発表した。併せて、AIに特化した研究開発部門「Salesforce Research」も組織する。  Einsteinは、過去に米Salesforce.comが買収したAI技術を持つ9つの企業の技術を基にしており、「Salesforceプラットフォーム」上の顧客情報などのデータを学習ソースにして、同プラットフォーム上の各サービスで利用できる。


カテゴリ  SFA | CRM | コールセンター/CTI | その他情報システム関連




 前回の説明から分かるように、「DigiNotarの重過失とも言える運営管理とオランダ監査機関の対応の不備が、Comodo Hackerという有能な攻撃者につけ込まれ、ルートCAの発行機能を完全に乗っ取られたあげく、不正SSLサーバ証明書を発行した」事件は、インターネットセキュリティにおける抜群のニュースバリューがあるだろう。それはWebTrust for CAを取得しているルートCAの信頼性に関わることだからである。 それでは今回の事件は、実際にSSL/TLSを使う観点から見たらどのような影響を与えるものなのであろうか。本最終号では、影響について見ていくこととしたい。


カテゴリ  認証 |




 「IT市場は構造変化している」とかなり以前から言われてきました。“クラウドコンピューティング”という言葉が初めて使われたのが2006年ですが、2年後の2008年にはGoogleがApp Engineを発表、AmazonはEC2正式版を発表、MicosoftではWindows Azure発表と各社からクラウドコンピューティングを意識したソリューションが登場しています。また、Salesforceは同年のグッドデザイン賞を受賞しています。わが国のIT企業でも2009年には富士通が仮想化技術に関する国際標準化団体DMTFでリーダーシップボードに就任しました。このような動きはITユーザにとって「情報システムはIT企業に発注して開発するもの」という意識を徐々に変えていくものでした。 そして、2013年現在「IT市場は構造変化してしまった」と過去形で語るべきだと言う方もいます。こうした中、中小IT企業はビジネスモデルを変革する際にどのような選択肢があるのか?その一例として、情報処理推進機構(以降、IPA)IT人材育成本部では、「人材」にフォーカスし、ビジネス変革の契機となるように編纂されたテンプレートを作成しました。本コラムにおいては、このテンプレートを題材に解説していきたいと思います。(テンプレートは下記URLの中段からダウンロードできます)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | システムインテグレーション


「OR/C」に関するニュース



 ウイングアーク1stは、Salesforceユーザー向けの帳票クラウドサービス「SVF Cloud for Salesforce」で、Excel上でSalesforce項目を配置して帳票を設計・出力できる機能「Excelデザイナー」の提供を開始した。SVF Cloud for Salesforceでは、請求書や納品書、発注書などの帳票をPDF、Excel、印刷、メールなどの形で…


カテゴリ  電子帳票システム | オフィスソフト




 インフォコーパスは、ソラコムの通信SIM「SORACOM Air」を用いて、デバイスをエンタープライズIoTプラットフォーム「SensorCorpus」に接続するIoTサービス「SensorCorpus for SORACOM」の提供を9月(予定)に開始する。SensorCorpus for SORACOMでは、AWS上のSensorCorpusに接続することで、データの可視化、通知、…


カテゴリ  その他情報システム関連 | モバイル通信サービス




 シーティーソリューション(CTS)は、GPU「Geforce GTX 1080」を8枚搭載した、ディープラーニング(深層学習)向けラックマウントサーバを8月1日に発売する。今回発売されるのは、新アーキテクチャを採用した「GeForce GTX 1080 VRAM:8GB(CUDAコア:2560、単精度9.0TFLOPs)」を8枚搭載した4uラックマウントサー…


カテゴリ  クラスタリング | PCサーバ



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「OR/CR意味」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ