「OPERA オラクル 使い方 ARコード」から探す!IT製品・セミナー情報

「OPERA オラクル 使い方 ARコード」 に近い情報
「OPERA」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「OPERA オラクル 使い方 ARコード」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「OPERA」に関するIT製品情報

IBM PureData System for Operational Analytics  2013/01/31


日本アイ・ビー・エム

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  UNIXサーバ | データベースソフト | ビッグデータ | データ分析ソリューション

製品概要  IBMの技術(ソフト、ハード、SIノウハウ)を結集し、オペレーショナル分析のワークロード向けに最適化済みの、垂直統合型データベース・プラットフォーム。

オススメユーザー  不正なクレジットカード利用のリアルタイム検知のように、大規模な取引履歴データなどをリアルタイムに自動分析したい企業。


プライベートクラウド基盤「FlexOperations」  2014/09/15


横河レンタ・リース

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  UNIXサーバ | 垂直統合型システム | 統合運用管理

製品概要  日本HP社プロダクトによるITインフラ構築ノウハウと自社導入の実績をベースにした、圧倒的費用対効果を可能にするプライベートクラウド基盤の構築ソリューション。

オススメユーザー  現状の情報システムは追加・変更・拡張などでITインフラが非効率化しかねず、これを正常化し運用・保守コスト削減したい企業。


AQStage Operations View  2013/09/30


エヌ・ティ・ティ ネオメイト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ご利用のシステム状況により料金が異なりますので、お問い合わせ下さい。

カテゴリ  統合運用管理 | データ分析ソリューション | 統合ログ管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  ITILに準拠したマネジメント機能を提供する統合監視プラットフォーム。様々な管理機能を必要なものだけSaaS型で提供。

オススメユーザー  統合監視プラットフォームをSaaS型で利用し、導入企業自身で運用監視業務を行いたい企業。


特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション)  2018/04/01


NTTテクノクロス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成(ID管理のみ)基本ライセンス 75万円〜 (税別)

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  承認に基づく特権IDの貸し出し、利用状況の点検(申請とログの突き合わせ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を支援。

オススメユーザー  ・内部統制/監査への対策を考えている企業・特権ID管理に課題を持っている企業・特権ID管理の管理負担を軽減したい企業


画面操作録画ソフトウェア iDoperation SC  2018/04/01


NTTテクノクロス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 スタンドアロン版:3万8400円〜(税別)※1PCの録画を前提とした最小構成価格

カテゴリ  統合ログ管理 | フォレンジック

製品概要  サーバやPCでの操作を録画して残せる画面操作録画ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏えい対策を支援する。

オススメユーザー  ユーザ操作の記録・点検により不正を抑止・発見したい企業リモートベンダーの監視・監督をしたい企業情報漏えい対策をしたい企業


「OPERA」に関する特集



 前回の西本の記事に「入鉄砲に出女」というキーワードが出たが、セキュリティインシデントの監視にあたり、通信の向きを考えることは非常に重要である。今回は「入鉄砲」にあたる組織外から発生するセキュリティインシデントについて取り上げる。 ラックのセキュリティ監視センターJSOC(Japan Security Operation Center)では約500社の企業や組織のセキュリティ状態を監視しており、日々多数のセキュリティインシデントを発見、対応している。組織外から発生するセキュリティインシデントは以下の3種類の攻撃によって発生している。


カテゴリ  WAF | IDS




 「Automotive World 2017」1月18日〜20日までの3日間、東ビッグサイトで開催された。「カーエレクトロニクス技術展(CAR-ELE JAPAN)」「EV・HEV駆動システム技術展(EV JAPAN)」クルマの軽量化技術展(Weight Reduction Expo)」「コネクティッド・カーEXPO(Connected Car JAPAN)」「自動車部品/加工EXPO(カーメカJAPAN)」といった5つの分野の技術展が開かれ、961社が参加した大規模イベントだ。 今回も多くの技術開発の進化を見ることができた。素材に関しては軽量化研究開発のレベルがかなり円熟していたし、車体だけでなく、各種部品の軽量化の試みも目覚ましい発展をとげており、技術者のこれまでの研究、開発努力に拍手を送らざるをえない状況であった。 その中でも最も大きな変化があったのは、やはりITだった。何だかちょっと縁の遠いもののように感じていた「コネクティッド・カー(Connected Car)」という言葉も今は身近になってきた。現在生産されている自動車一台に入るプログラミングコードは、私たちがよく使っているPC運営体制(OS、Operating System)のコードよりはるかに多く、またそれはどんどん多くなっている。自動車はもはや完全なITデバイスといっていいだろう。「コネクティッド・カー」とは、そのITデバイスがお互いにつながり、そしてインフラとつながる。これはもう未来のことではない。  他にも面白いと思ったのは、今までのイベントに比べて、来場者が質問を活発にしていたことだ。出展者側が客引きを派手に行う様子より、来場者が自発的にブースを訪れて質問している様子がとても多く見られた。自動車への高い関心がうかがえる。そこで今回は、3つの質問とそれに対する答えを通じて、自動車セキュリティ、ひいてはIoTセキュリティ最も根本的で源泉的な疑問を解消してみよう。


カテゴリ  認証 | IPS | ファイアウォール | フィルタリング


「OPERA」に関するニュース



 NECは1月15日、電力やガス、水道、交通などの社会インフラや製造業などの工場における産業制御システム向けの「OT(Operation Technology)セキュリティ・アセスメントサービス」と不正アクセス対策製品「OTセキュリティ・アプライアンスOpShield」を発売した。GEデジタルとの提携により提供される。OTセキュリティ…


カテゴリ  IPS | 特定業種向けシステム | セキュリティ診断




 オープンストリームは、文化情報資産の電子化、記録、保存を支援する「デジタルアーカイブ公開Webサイト構築ソリューション」の提供を開始する。価格は400万円(税別)から。本ソリューションは、国際規格「IIIF(International Image Interoperability Framework)」に対応。相互運用性とアクセス環境を向上でき、…


カテゴリ  CMS | 特定業種向けシステム




 PFUは2月6日、サイバー攻撃の検知とSOC(Security Operation Center)の運用効率化が可能なアプライアンス「iNetSec MP 2040」の機能を強化し、発売した。本製品は、攻撃者の行動プロセスを基に標的型サイバー攻撃を検知する技術「Malicious Intrusion Process Scan」を採用。セキュリティ対策をすり抜けて侵入し…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「OPERA オラクル 使い方 ARコード」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ