「OEMシステムビルダーパック 認証 仮想」から探す!IT製品・セミナー情報

「OEMシステムビルダーパック 認証 仮想」 に近い情報
「認証 仮想」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「OEMシステムビルダーパック 認証 仮想」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説認証とは?

認証とは、クライアントPCや社内ネットワーク/システムへのアクセス、あるいはオフィス自体への入退室を行う際に、正規なユーザ本人か否かを判定することでセキュリティを確保する仕組み。ID/パスワードを入力させる方式のほか、指紋認証などのバイオメトリクス(生体認証)、ワンタイムパスワード、USBトークン、電子証明書などが利用され、それらを組み合わせた二要素認証を用いる場合もある。

「認証 仮想」に関するIT製品情報

指静脈認証システム 静紋  2015/02/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 静紋 J300: 2万8000円(税抜)

カテゴリ  認証 | その他物理セキュリティ関連

製品概要  指の静脈パターンを利用した生体認証装置。高精度・高速、偽造が困難、認証エラーが起きにくいという利点があり、PCやモバイル端末、仮想環境の認証強化に最適。

オススメユーザー  PCのログインやモバイル端末、仮想環境(VDI)利用時に「なりすまし」のできない本人認証を実現したい企業。


RSA SecurID ワンタイム・パスワード ソリューション  2013/06/01


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 25ユーザ 44万円(定価・税別)〜

カテゴリ  ワンタイムパスワード | 暗号化 | ID管理

製品概要  ワンタイム・パスワード認証とリスクベース認証でセキュリティと利便性を両立。世界2万5000ユーザの実績を持つ、企業向け認証サーバ。

オススメユーザー  仮想デスクトップ、仮想サーバ、リモートアクセス、無線LAN、Webシステム等に強固な認証基盤を導入したい企業。


仮想デスクトップソリューション  2015/09/30


日立システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  VDI | 認証

製品概要  デスクトップ仮想化システムの設計・構築から導入支援、導入後の監視・運用、保守まで、仮想デスクトップ環境の利用に関する様々なサービスをそろえたソリューション。

オススメユーザー  フリーアドレスの導入などワークスタイル変革を考えている企業。クライアントPCのセキュリティを向上させたい企業など。


ワンタイムパスワード RSA SecurID Access (仮想アプライアンス版)  2017/06/15


テクマトリックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10ユーザー:32万5000円〜100ユーザー:287万5000円〜 ※いずれも税別

カテゴリ  ワンタイムパスワード | リモートアクセス | 認証

製品概要  時刻同期方式により60秒ごとに1度しか使えないパスワードを生成し、パスワードの盗聴、盗用によるネットワークへの不法侵入を防ぐワンタイムパスワード製品。

オススメユーザー  ワンタイムパスワードにより認証を強化したい企業。


ウイルスバスター コーポレートエディション  2014/03/15


トレンドマイクロ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 新規購入料金:9550円(1ライセンスあたり/Aランク/税別)※新規最低購入数量:5クライアントより

カテゴリ  アンチウイルス | UTM | フィルタリング | 認証 | 統合運用管理

製品概要  クライアントPCなどエンドポイントのセキュリティを、ネットワーク/システムにかかる負荷を抑えながら、より強固なものにするセキュリティソリューション。

オススメユーザー  大規模ネットワーク環境や物理/仮想混在環境を効率よく運用管理し、エンドポイントのセキュリティを強化したい企業。


「認証 仮想」に関する特集



 第1章では基幹システムに必要なハードウェア暗号モジュール(HSM)の概要、第2章ではHSMを利用したクラウド利用の一例、第3章では複数拠点間にまたがるHSMの運用用プロトコルを説明させていただいた。 本章ではHSM自体の仮想化について、まとめさせていただく。


カテゴリ  暗号化 | 認証




 前回はChefの概要を解説しました。シェルスクリプトだけではインフラ構築の自動化が難しいケースでも、Chefであれば効率よく自動化できることがご理解いただけたことと思います。 今回は、実際にChefを用いてインフラを自動的に構成してみましょう。前回までと同様に「LinuxONE Community Cloud」の「Red Hat Enterprise Linux 7.2」の仮想サーバを使って実施します(仮想サーバの作成方法は第2回を参照ください)。 今回は、Chefで自動構築するシステムには、今、クラウドアプリケーションのセキュリティなどで注目を集める「二要素認証」を取り上げます。サンプルも公開していますので、ぜひ、自動構築の手軽さを体験してみてください。


カテゴリ  Linux | メインフレーム | 認証 | ワンタイムパスワード | PKI | その他エンドポイントセキュリティ関連 | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps


「認証 仮想」に関するニュース



 ディー・ディー・エスは8月29日、多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」の新バージョン(R3.90)を発売した。本製品は、Windowsログオンやアプリケーションでの認証に加え、仮想化環境など、幅広いシステムに適用できる。指紋認証を始めとしたさまざまな方式による多要素認証を、拡張性の高いプラグインアーキ…


カテゴリ  認証 |




 ネットスプリングは、認証アプライアンスサーバ「AXIOLE」を「Microsoft Azure」に最適化した新製品「AXIOLE for Azure」の出荷を10月17日に開始する(オープン価格)。AXIOLEは、認証プロトコル「LDAP」「RADIUS」に対応し、認証機能に特化した製品。Active Directoryや他のLDAPサーバとの連携機能を標準装備する…


カテゴリ  認証 | その他仮想化関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「OEMシステムビルダーパック 認証 仮想」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ