「OCR導入 VISUALSTUDIO」から探す!IT製品・セミナー情報

「OCR導入 VISUALSTUDIO」 に近い情報
「VISUALSTUDIO」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「OCR導入 VISUALSTUDIO」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「VISUALSTUDIO」に関するIT製品情報

Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio  2016/06/01


グレープシティ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ユーザライセンス イニシャル 〜15万円(税別)コアサーバーライセンス イニシャル 6万5000円(税別)〜

カテゴリ  開発環境/BaaS | その他PCソフト関連 | 開発ツール | その他開発関連

製品概要  Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。

オススメユーザー  業務アプリケーション開発を容易にするツールをお探しの方。複数のコンポーネントを使用して早期の開発を実現したい方。


帳票開発ツール ActiveReports for .NET  2016/02/22


グレープシティ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 開発ライセンス16万円(税別)〜コアサーバーライセンス11万2000円(税別)〜

カテゴリ  帳票管理システム | 電子帳票システム | その他基幹系システム関連 | その他運用管理関連 | 開発ツール

製品概要  Visual Studio上で開発できる.NET帳票開発コンポーネント。帳票管理できるサーバー機能も有し、開発から運用までトータルで日本の帳票環境をサポート。

オススメユーザー  設計に妥協することなく帳票作成にかかる時間を短縮したい方。多機能で使い勝手の良い帳票作成環境をお探しの方。


「VISUALSTUDIO」に関する特集



2000年前後にVisual Basicで開発されたシステムは、今後 .NET へ移行する必要があります。移行する必要はいくつかありますが、大きくは以下になります。- Visual Basicの開発環境であるVisual Studio 6 IDEは、WindowsXPまでのサポートとなっています。WinodowsXPはすでにサポート切れになっているため、現行、正式にサポートされているOS上で開発をすることができません。- Visual Basicで開発されたアプリケーションがWindows上で動作するには、ランタイムライブラリーが必要です。現在、Windows8.1にはランタイムライブラリーがサポートされていますが、このサポートがいつまで続くかは不明です。また、Windowsの標準インストールでは含まれていないライブラリもあり、この場合、別途ダウンロードしてインストールが必要です。以上のようなことから「.NET」への移行が必要とされています。


カテゴリ   |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「OCR導入 VISUALSTUDIO」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ