「OCN メール マルウェア感染」から探す!IT製品・セミナー情報

「OCN メール マルウェア感染」 に近い情報
「メール マルウェア感染」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「OCN メール マルウェア感染」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説メールとは?

メールとは、企業内個人が社内/社外とやり取りする電子メールの送受信、保存、セキュリティ対策などを実現するためのITソリューション群のこと。具体的には、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやり取りするための「電子メール」、社内外でやり取りされる電子メールを捕捉し、削除や改竄ができない状態でデータを長期保管すると共に必要に応じて検索/復元できる「メールアーカイブ」、企業が定めた情報セキュリティポリシーに則り、ポリシーに合致しないメールを事前に遮断できる「メールフィルタリングツール」、メール受信時にウイルスを含む添付ファイルなど有害なコンテンツを特定/除去したり、メールの差出人/内容などの情報を基に脅威となるメールを特定/遮断できる「アンチウイルス/アンチスパムソフト」などが挙げられる。

「メール マルウェア感染」に関する特集



マルウェア感染の3割がメールから、アンチウイルスで検知できないことも!データで実状を知り、対策法を押さえましょう!


カテゴリ  アンチウイルス |




 近頃「標的型攻撃」というキーワードを含むニュースが各種メディアで大きく取り上げられている。例えば、国内では防衛産業企業や国会議員のパソコンにウイルスが感染し情報が流出した可能性がある、日本の在外公館の複数のパソコンから中国国内のコンピュータに情報が送られていた、ゲーム機器メーカの関連サイトから1億人分の個人情報が盗まれた、等である。海外でもセキュリティ関連会社から証明書の情報が盗まれた、有名な歌手の未公表楽曲が盗まれたという事件が発生している。 これらの事件に共通しているのは、パソコン等にマルウェアを送り込み、インターネット経由で情報を外部に流出させているということだ。攻撃者は初めから特定の組織の情報を盗むことを目的に、その組織に対してマルウェア感染の攻撃をしていると言われている。また、攻撃手法の1つとしてウイルスメールが使われることが多い。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他メール関連




 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、トロイの木馬が悪用される。ほとんどのものが既知のマルウェアであるが、攻撃者によりウイルス対策ソフトウェアでは検出されないよう巧妙に作成されている。この傾向は、標的型攻撃に限らず、マルウェア全般に言える傾向かもしれない。このことは、私たちユーザ個人がマルウェア感染に気付く術がほとんどないことを示している。 そのような中、近年注目されているのが、第2のセキュリティ対策製品である。端末へインストールするタイプのものでは、脆弱性の悪用を未然に検出する製品や、DLP(Data Loss Prevention:情報漏洩防止対策)、暗号化製品が注目されているようだ。また、ネットワーク上に設置するものでは、アプリケーション層の監視を得意としたものや、実行ファイルの挙動をチェックするものなどが注目されている。いずれも単体での有効性では限界があるかもしれないが、従来のセキュリティ対策と異なる視点での監視ができるため、上手く長所を組み合わせることでのセキュリティ補強は期待できそうだ。そこで、本稿では今時のマルウェアに感染した際に発生する通信とその検出方法について解説していこう。


カテゴリ  IPS |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「OCN メール マルウェア感染」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ