「NTT MA 関西支店」から探す!IT製品・セミナー情報

「NTT MA 関西支店」 に近い情報
「NTT MA」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「NTT MA 関西支店」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「NTT MA」に関するIT製品情報

Webアクセスシェイパ  2014/02/15


NTTアドバンステクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ネットワーク管理 | ADC/ロードバランサ | WAN高速化 | サーバー管理 | 統合ログ管理

製品概要  システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。

オススメユーザー  アクセス集中により引き起こされるWebサーバのトラブルを予防したい企業。特に、不測の事態への対策を検討している企業。


intra-mart ワークフロー  2016/11/01


NTTデータ イントラマート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1CPU 180万円(税別)〜

カテゴリ  ワークフロー |

製品概要  intra-martのシステム共通基盤型ワークフロー。豊富な機能を持ち、その柔軟なカスタマイズが可能。intra-martの業務アプリケーションや外部システム連携が可能。

オススメユーザー  大規模環境や独自業務に柔軟に対応できるワークフローを探している企業。短期間・低コストでの構築を求めている中堅中小企業。


メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」  2016/11/01


NTTソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ライセンス価格 50ユーザ 24万5000円(税別)

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

オススメユーザー  ・メール誤送信による情報漏洩を未然に防ぎたい企業・社内のメールセキュリティポリシーを統一したい情報システム担当者


intra-mart Accel Collaboration  2016/11/01


NTTデータ イントラマート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 20万円〜(税別)※ユーザ数課金

カテゴリ  グループウェア | プロジェクト管理 | ナレッジマネジメント

製品概要  システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。

オススメユーザー  全社、全グループ等、大規模でも導入できるグループウェアをお探しの方。企業をまたいだ情報共有を効率的・安全に行いたい企業。


クラウドセキュリティソリューション TrustBindシリーズ  2014/04/01


NTTソフトウェア

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい

カテゴリ  シングルサインオン | 認証 | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  社内/社外のwebサービス間におけるユーザID連携・SSO(シングルサインオン)・ユーザ情報(属性情報)のセキュアな連携を実現する統合認証基盤

オススメユーザー  ●社内WebサービスとSaaSサービスの認証を連携させたい●社内/社外のWebサービスの統合シングルサインオン基盤を構築したい企業


「NTT MA」に関する特集



 最終回となる今回は、サイバー攻撃とSNSの関係について考察する。「SNS」と「サイバー攻撃」・・この2つの言葉に関連性を見出すのは難しいと思われる方も多いかも知れないが、実は悪意のある攻撃者はサイバー攻撃を仕掛ける初期の段階で、このSNSを利用しているという現実がある。特にこのサイバー攻撃について、特定の企業、団体をターゲットとしたものを標的型攻撃、英語ではAPT(Advanced Persistent Threat)と呼んでいる。  日本企業が狙われた標的型攻撃の例としては、2011年のソニープレイステーションネットワークの不正侵入事件がある。この事件では7700万件におよぶ個人情報が流出し、さらに1000万件のクレジットカード情報が流出した可能性があると見られている。被害総額は2兆円にのぼるとも言われ、非常に大きなニュースとなった。更に、日本の防衛関連企業数社が同時多発的に攻撃を受け、世間を騒がせた。


カテゴリ  ID管理 | 統合ログ管理




 「サイバー攻撃は防御できないレベルにまでなってしまった。私たちは、被害をいかに最小限に留めるしか対策はないのだ。」 昨今の報道から、そのように感じているユーザも数多くいるのではないだろうか。三菱重工や衆議院、参議院など、防衛や国家機密を守るセキュリティシステムが破られてしまったのだから、無理もないだろう。 これらのサイバー攻撃は“特定組織を狙った攻撃”と推測されており、一般に標的型攻撃の部類に含まれる。最近の標的型攻撃の多くは、標的のネットワークへ侵入後、様々な情報資産を持ち出すことから「サイバースパイ」と例えられる。海外では2009年の米Googleの事件をきっかけに、APT(Advanced Persistent Threat)と呼ばれている。国内では「サイバースパイ」、「新しいタイプの攻撃」など様々な呼称があるが、本稿では単純に「サイバースパイ行為」と記載する。 このサイバースパイ行為は、その呼称からも分かる通り、単なるウイルス感染事故のことではない。端的に説明すると、攻撃者が特定組織へ侵入し、マルウェアを活用することで情報を窃取する行為のことである。この一連の行為の中で、マルウェアは大きく分類して次の3種類が悪用されることが多い。


カテゴリ  ファイアウォール | 統合ログ管理




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「NTT MA」に関するニュース



 NTTソフトウェアは、メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail 7」に人間工学の考えを取り入れ、ヒューマンエラーによるメール誤送信の減少を支援する新バージョンを9月30日に発売する。CipherCraft/Mailは、利用者に宛先の再チェックを行わせてメール誤送信を防止するとともに、添付ファイルのパスワード…


カテゴリ  メールセキュリティ | その他メール関連




 NTTファシリティーズは、Muntersと事業提携し、Muntersのデータセンター(DC)用間接蒸発冷却式空調システム「Oasis」を日本市場向けに強化した「Oasisバルコニータイプ」と、NTTファシリティーズの設計・運用手法、データセンター用空調自動制御システム「Smart DASH」を融合させた大規模データセンター向けトー…


カテゴリ  データセンター運用 | ファシリティマネジメント




 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)はスマートバリューと協業し、車両運行管理のIoT Platformサービスのラインアップとして「Vehicle Manager」の提供を開始した。Vehicle Managerは、通信機能やGPS機能を内蔵した小型車載器を営業車両に設置することで、車両ごとの運行日報や運転成績表、車両稼働実績、ヒヤリハ…


カテゴリ  GPS | その他基幹系システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「NTT MA 関西支店」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ