「NIDS 不正アクセス サーバ」から探す!IT製品・セミナー情報

「NIDS 不正アクセス サーバ」 に近い情報
「不正アクセス サーバ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「NIDS 不正アクセス サーバ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「不正アクセス サーバ」に関するIT製品情報

IT統制・統合ログ管理システム 「WEEDS」  2014/12/15


ウイーズ・システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト | 検疫 | 暗号化 | データ分析ソリューション | サーバー管理

製品概要  情報システムのデータベースアクセスログ、サーバ操作ログを統合管理し、不正抑止、事後追跡、自動監査などを実現する統合ITコントロール基盤ログ管理システム。

オススメユーザー  IT統制におけるアクセス監査の精度を高め、情報漏洩対策、不正アクセス検知などセキュリティを万全にしたい金融機関、企業など。


「不正アクセス サーバ」に関する特集



 セキュリティ事故発生から (Vol.1)インシデントレスポンスと、 (Vol.2)アセスメントによる改善・強化策のプロセスを説明してきました。本連載(全4回)の第3回では、社内のネットワーク上での不正アクセスや内部犯による情報窃取を見逃さないためにも、多くのネットワーク機器・サーバー、不正防御検知システムや管理機器の出力するログ管理と分析活動から、企業の重要なリスク回避につながる基本的なプロセスを取り扱います。


カテゴリ  統合ログ管理 | ID管理




 過去に発生した情報漏えい事件の要因を探っていくと、大きく分けて2つのグループに分類されます。1つは、第2回において解説した従業員や関係者による内部からの情報漏えい、そしてもう1つが、悪意を持った外部犯による特定組織を狙った情報詐取、いわゆる「標的型サイバー攻撃」と呼ばれるものです。 第3回となる本稿では、「外部からの不正アクセスによる情報漏えい対策」という視点から、この標的型サイバー攻撃に注目し、マイナンバーの漏えいするリスクとそれを防ぐ対策について説明します。


カテゴリ  ファイルサーバ | Webアプリケーションサーバ




 World Wide Web(WWW)は、インターネット上で情報を交換し合うためのシステムだ。Webは主に2つの要素、Webサーバ(インターネット上に、テキストや動画を公開する役割を担うサーバ)とWebブラウザ(Webサーバに格納される情報にアクセスして表示するソフトウェア)によって構成されている。 Webサーバは「情報を公開する」という特質上、様々なユーザが利用できる状態になっている。もちろん攻撃者からも接続できる状態になっているため、組織のシステムの中でも、攻撃を受けやすい対象の1つといえる。 有名企業のWebサイトが改ざんされたり、Webアプリケーションが攻撃され、個人情報の漏洩に繋がることも珍しくなくなった。このような事件が発生した場合、企業のブランドイメージ低下や業務停止に繋がる可能性もあり、企業としてはWebサイトのセキュリティ対策を徹底する必要がある。 これから4週に渡り、Webサイトの改ざんや不正アクセスが起きる背景と、企業においてWebサイトのセキュリティを守るための効果的な対策について紹介したい。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「NIDS 不正アクセス サーバ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ