「NICT サイバー攻撃 モニター ソフト DAEDALUS アラートを無償で提供します。」から探す!IT製品・セミナー情報

「NICT サイバー攻撃 モニター ソフト DAEDALUS アラートを無償で提供します。」 に近い情報
「サイバー攻撃 ソフト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「NICT サイバー攻撃 モニター ソフト DAEDALUS アラートを無償で提供します。」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「サイバー攻撃 ソフト」に関するIT製品情報

RSA ECAT  2014/02/24


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 同時にインストールするエージェント (エンドポイント) 数により異なる。

カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | ファイアウォール | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  「クライアントがマルウェアに感染しているかどうか」という検出に特化することで、迅速かつ低価格でサイバー攻撃によるリスクを低減できるソフトウェア。

オススメユーザー  シグネチャベースのアンチウイルス製品やゲートウェイ製品では防ぎきれない、標的型攻撃への対策を行いたい企業。


WAF/DDoS対策サービス TrustShelter/WAF  2016/04/01


NTTソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 オープン価格

カテゴリ  WAF | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他WEB構築関連

製品概要  簡単かつ低コストに、Webサイトセキュリティを強化できる、WAF/DDoS対策サービス。クラウド型WAFなら運用も導入企業側で行わずにすむ。オンプレミス型WAFの提供も可能。

オススメユーザー  サイバー攻撃へのセキュリティ対策を低コストで行いたい企業。


WebARGUS (ウェブアルゴス)  2016/03/31


デジタル・インフォメーション・テクノロジー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 WebARGUSライセンス:48万円/年(管理用ソフト、監視用ソフト、各種マニュアル、WebAPI、サポートを含みます。)※税別

カテゴリ  IPS | IDS | セキュリティ診断 | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。

オススメユーザー  Webサイトの改ざん対策を強化したい企業。Webサイトが万一改ざんされた場合でも、復旧までのリードタイムを最短にしたい企業。


「サイバー攻撃 ソフト」に関する特集



 数々あるサイバー犯罪の中でも、日本独特ともいえるものがいくつか存在する。先月の記事では、その中でも有名かつ一般ユーザへの被害が最も多いと予想されるワンクリック詐欺について紹介した。今月は日本独特のサイバー攻撃というつながりで、WinnyやShare等といったP2Pファイル共有ソフトの利用者を標的としたマルウェアについて解説を行う。 まず、P2Pファイル共有ソフトとは、その名前の通り、Peer-to-Peerネットワークを利用して、ファイルやデータを共有するためのソフトである。特徴としては、クライアント間の通信にピュアP2P方式を利用しているため、サーバクライアント方式とは違いネットワーク障害に非常に強く、アップロードされたデータはバケツリレー方式で次々とクライアント間で共有される。この仕様から、一度P2Pファイル共有ソフトのネットワークに流出したデータを回収することは、ほぼ不可能に近いと言える。更に、P2Pファイル共有ソフトのほとんどが暗号化技術によってある程度の匿名性が確保されている。この技術が悪用されて違法ファイル(著作権に関連する音楽ファイルや動画ファイル等)のアップロード、ダウンロードが行われてきた。こういった特徴を利用したマルウェアがP2Pファイル共有ソフトのネットワーク上には多数存在している。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 昨今、石油関連企業や国際的金融機関、米国のインターネット関連企業やセキュリティ企業を標的とした攻撃が相次いで発生している。これらの攻撃は、ソフトウェアの脆弱性を悪用し、複数の既存攻撃やソーシャルエンジニアリングを組み合わせており対応が難しく、執拗なサイバー攻撃と言われている。 このような攻撃に対して、IPAは2010年12月に「IPA テクニカルウォッチ:『新しいタイプの攻撃』に関するレポート」を公表した。その後、これらの「新しいタイプの攻撃」への対策の提案として、2011年8月に「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」を公表した。 本ガイドでは、「『新しいタイプの攻撃』に関するレポート」で紹介した攻撃や対策の詳細情報として、従来行われているウイルス対策ソフトやファイアウォールなどでの対策では完全には防御しきれない点や、ウイルスに感染したとしても組織の知的財産や個人情報などの重要情報を窃取される事態を避ける方法について、重点的に記載している。ここでは本ガイドに記載している新しいタイプの攻撃の説明と、新しいタイプの攻撃への対策について3回にわたって紹介する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |


「サイバー攻撃 ソフト」に関するニュース



 アズジェントは、コネクテッドカー(外部とのデータ通信を行う自動車)やIoT機器に対するサイバー攻撃を防ぐ、Karamba Securityの製品「Carwall」「IoTwall」の取扱いを開始する。両製品は、IoTのハードウェアやソフトウェアを変更することなくサイバー攻撃を防げる自動・自立型セキュリティ製品。機器の製造過程…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 特定業種向けシステム




 トレンドマイクロは、企業向け総合セキュリティソフトの新バージョン「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」の提供を2017年1月下旬(予定)に開始する。従来の技術と人工知能(AI)技術を組み合わせることで、パフォーマンスを高め誤/過検出を低下しながらサイバー攻撃を防ぐ。本ソフトは、AI技術によ…


カテゴリ  アンチウイルス | その他ネットワークセキュリティ関連




 日立ソリューションズは、マイクロソフトのクラウド版情報共有基盤「SharePoint Online」上のセキュリティを強化する「SharePoint Online秘匿化ソリューション」の提供を10月31日に開始する。価格は個別見積。SharePoint Online秘匿化ソリューションは、インターネットやSharePoint Online上で、サイバー攻撃者や…


カテゴリ  暗号化 | 文書管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「NICT サイバー攻撃 モニター ソフト DAEDALUS アラートを無償で提供します。」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ