「NCI 障害予兆検知」から探す!IT製品・セミナー情報

「NCI 障害予兆検知」 に近い情報
「NCI」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「NCI 障害予兆検知」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「NCI」に関するセミナー情報

EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座

主催:グローバルセキュリティエキスパート


開催日

 8月9日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  フォレンジック | セキュリティ診断 | その他運用管理関連

概要   2020年の東京オリンピック、パラリンピック開催に向け、政府機関ではセキュリティ人材の育成が課題となっています。民間企業においてもセキュリティエンジニアのニー…

オススメユーザー  プログラマ|情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用


「NCI」に関する特集



 前回、電子署名と認証がセキュリティの中の「Integrity(完全性)」を確保することを目的とした対策であることを解説した。 平成21年度に政府では、Integrity(完全性)を確保しながら、政府の電子申請の利活用の向上を目指した「オンライン手続きにおけるリスク評価及び電子署名・認証ガイドライン」(案)を作成した。このガイドラインは、米国における米国行政管理予算局の「連邦政府機関向けの電子認証に関わるガイダンス」(OMB M-04-04 E-Authentication Guidance for Federal Agencies)や米国国立標準技術研究所の「電子的認証に関するガイドライン」(NIST SP800-63 Electronic Authentication Guideline)に対応するものである。 日本のガイドラインは、電子申請の利活用を促進するために、現在使用している電子署名によるIntegrity(完全性)の確保だけでなく、認証技術等を活用したIntegrity(完全性)の確保を目的としている。そのため、日本のガイドラインは、米国とは異なり、電子認証だけではなく、電子署名を含んでいるのが特徴である。


カテゴリ  認証 |




 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス


「NCI」に関するニュース



 セールスフォース・ドットコムは、ファイナンシャルアドバイザー向けCRMを人工知能(AI)機能で強化する、「Salesforce Financial Services Cloud Einstein」の新機能の提供を開始する。顧客の世帯情報を総合的に把握できる他、顧客が所有する資産に携わる人間関係を見える化でき、新規顧客の発掘にもAIを活用でき…


カテゴリ  CRM | 特定業種向けシステム | その他データ分析関連




 ネットブレインズは、ゾーホージャパン、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと協業し、3社の製品とサービスを連係させた情報セキュリティインシデント管理ソリューション「ServiceDesk Plus CSIRTモデル」(CSIRT:Computer Security Incident Response Team)を6月1日に発売した。本ソリューションでは、ゾ…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他運用管理関連




 日本IBMは、事故が発生してからの対応に加え、事前の対応を含めたサイバーセキュリティ対策を支援するサービス「IBM X-Force IRIS(Incident Response and Intelligence Services)」の提供を6月21日から順次開始する。価格は個別見積もり。本サービスでは、マルウェアの侵害調査や、事故に備えた事前の対応計画策…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「NCI 障害予兆検知」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ