「MOUインターネットサービス」から探す!IT製品・セミナー情報

「MOUインターネットサービス」 に近い情報
「MOU」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「MOUインターネットサービス」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「MOU」に関する特集



 前回は「ポートホッピング」や「Anonymousプロキシ」を例にセキュリティの回避手法を解説した。今回はリモートデスクトップのセキュリティリスクについて解説する。


カテゴリ  リモートアクセス | ファイアウォール




 富士通が、社内の文書データなどのコンテンツ一元管理のために企業向けクラウドストレージサービス「Box」を導入することを決めた。対象となるのは国内外の同グループ従業員約16万人だ。 富士通とBoxは、戦略的パートナーシップに向けた覚書(MOU)を締結し、2016年10月以降、富士通のデータセンターからBoxを提供する。また、2017年からは「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」の一部として、富士通のサービスとBoxを組み合わせる形で販売を予定する。


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ |




 DDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack分散サービス妨害攻撃)とは、数千以上の大量の端末が攻撃対象となる特定のサーバに対して、一斉にパケットを送信して通信経路や対象サーバをダウンさせる攻撃です。DDoS攻撃はツールが整備されているため比較的簡単に攻撃することが可能なことも大きな問題です。 実際、政治的攻撃ハッカー集団アノニマス(Anonymous)は、DDoS攻撃を行うためのツールとしてLOIC(本来はネットワーク負荷試験ツール)を使用していました。彼らはツイッターなどのソーシャルネットワーキングを用い、攻撃に参加する多数のボランティア攻撃者を募集します。ボランティア攻撃者はLOICの攻撃クライアントをダウンロードするか、LOICのJavaScriptバージョンJS LOICをコンテンツとして保有するWebページにアクセスします。LOICのようなツールを利用することで、技術力の乏しいボランティア攻撃者を攻撃の輪に加え、DDoS攻撃を繰り返し行っていました。 こういった攻撃の多くは、セキュリティ能力の高いネットワークファイヤウォールやIPS/IDSなどで検知防御が可能です。


カテゴリ  ファイアウォール | IPS | IDS


「MOU」に関するニュース



 ウィズテックは、クリエイター向け「ゼウスコンピューター」ブランドで、2Uラックマウントサーバ4機種を発売した。今回発売したのは、CPUにXeon E3-1230 v6を搭載した14万3640円の「ZEUS Server/Xeon E3V6/2U RACKMOUNT」と、Core i5-7400を搭載し12万4200円の「ZEUS Server/Core i5/2U RACKMOUNT」、Xeon E5-2620…


カテゴリ  PCサーバ |




 アライドテレシスは、無線LANと有線LANを統合管理するソフトウェア「AT-Vista Manager EX」をリリースする。本製品は、ネットワーク統合管理ソリューション「Allied Telesis Management Framework(AMF)」に対応するスイッチ/ルーターやUTMのトポロジー管理と、自律型無線LANソリューション「Autonomous Wave Co…


カテゴリ  ネットワーク管理 | 無線LAN



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「MOUインターネットサービス」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ