「MOT PBXのメリットデメリット」から探す!IT製品・セミナー情報

「MOT PBXのメリットデメリット」 に近い情報
「MOT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「MOT PBXのメリットデメリット」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「MOT」に関するIT製品情報

TP-VPNサービス  2014/04/01


ネクステック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  通信サービス
価格 月額利用料:専用機器(アダプタ)1台あたりTP mini:5500円TP remote-s:9800円TP remote:1万9800円※税別

カテゴリ  広域イーサネット | その他ネットワークセキュリティ関連 | 暗号化 | インターネットVPN

製品概要  アダプタにつなぐだけでどんなPC、OS、LAN対応機器でもL2のVPN接続が可能なメッシュタイプの広域イーサネットサービス。どこでもゼロコンフィグでセキュアな通信が行える。

オススメユーザー  国内外の複数拠点をL2-VPN接続したい企業。リモートメンテナンスや在宅勤務の環境整備を低コストで簡単に行いたい企業。


FENCE-Mobile RemoteManager  2014/04/01


富士通ビー・エス・シー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ●初期費用:0円●スマートフォン1台あたり:300円※税抜き

カテゴリ  MDM | リモートアクセス | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | IT資産管理 | 統合運用管理

製品概要  スマートフォン/タブレット端末/ノートPCのセキュリティを強化するクラウド型のスマートデバイス向けセキュリティ管理サービス

オススメユーザー  スマートフォン/タブレット端末などの紛失による情報漏洩を未然に防ぎたい企業


SaaS型リモートアクセスサービス RemoteWorks  2016/07/15


TISソリューションリンク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ・PC版:9900円/ID(年額)・USB/DVD版:9900円/ID(年額)・タブレット版:7200円/ID(年額)※税抜き※初期費用不要

カテゴリ  リモートアクセス | 認証

製品概要  社外から社内のPCへのセキュアなアクセスを可能にするSaaS型リモートアクセスサービス。インターネット環境があれば利用でき、サーバーの導入は不要。

オススメユーザー  安全なリモートアクセスを実現したい企業。特に、営業効率アップ、在宅ワーク推進、事業継続などを検討中の方。


クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud  2017/04/01


ウイングアーク1st

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額3万円〜※税別

カテゴリ  BI | ビッグデータ | ETL | データ分析ソリューション

製品概要  様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

オススメユーザー  業務現場でデータを可視化・分析し、有効に活用したい企業。難しくて使いづらいBIツールの運用に課題をお持ちの企業。


情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」  2017/03/31


ウイングアーク1st

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  BI | データ分析ソリューション

製品概要  複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。

オススメユーザー  業務現場でデータを可視化・分析し、有効に活用したい企業。難しくて使いづらいBIツールの運用に課題をお持ちの企業。


「MOT」に関するセミナー情報

統合テストでカバレッジ計測を行うための動的テスト体感セミナー

ハートランド・データ


開催日

 5月26日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  テストツール | 開発ツール

概要  機能安全規格「ISO 26262」に適合が求められているが、どのようなテストが必要なるのか。本セミナーでは、DT10 Automotive を導入し、これから本…

オススメユーザー  プログラマ|その他|システムの設計・運用


「MOT」に関する特集



 今回のコラムは、最近話題になっているスマートカーセキュリティに関するものだ。 「情報セキュリティ企業なのに、なぜスマートカー?」と思うかもしれないが、この問題は自動車業界でも、セキュリティ業界からも話題になっていたものである。スマートカーセキュリティに関する認識が変化してほしいという気持ちで、コラムを書いた。 2015年7月、米Wiredは、スマートカーに潜んでいる脆弱性に関する記事を出した(参考:https://www.wired.com/2015/07/hackers-remotely-kill-jeep-highway/Hackers)。「Remotely Kill a Jeep on the Highway-With Me in IT」という動画とともに公開され、かなりの反響を呼んだ。IoT(internet of Things、モノのインターネット)のさまざまな新技術への世間の関心と恐れを背景に、世界の多くの人々が普段意識せずに使っているモノをターゲットにするハッキングについて議論が巻き起こった。 IoTという今一番ホットなアイテムは産業を大きく発展させていくことは間違いなく、世の中は以前になく進歩を遂げていくことになるだろう。ただ、このIoTに対してのハッキングへの脅威は、ただものではない。 当社は、かれこれ19年以上セキュリティソリューション分野で活動しているが、IoT技術を取り入れた、いわゆるスマートカーを研究・生産する自動車メーカーに、セキュリティの側面で認識しておいてほしいことがある。競合他社より一刻も早くスマートカーを世に放ち、マーケットをリードしたいという思いは分かるが、そのスマートカーに潜んでいるセキュリティの問題を、一度熟考していただきたい。  Wiredの記事を執筆したアンディ・グリーンバーグ(Andy Greenberg)はテック専門記者で、NSA研究・セキュリティの専門家であるチャーリー・ミラー(Charlie Miller)とクリス・ヴァラセク(Chris Valasek)の要請を受け、実験に参加することになったわけだ。 まず、ミラーとヴァラセクは、実験対象となる自動車のECU(Electronic Control Unit、電子制御装置)をターゲットに、16キロ離れている別の自動車の後部座席からハッキングを成功させた。動画はこの一部始終を収めている。対象となったジープのSUV「チェロキー」は、FCA(フィアットクライスラーオートモービルズ)の無線通信システムである「Uconnect」を活用していた。 Uconnectは、それが開発された2013年以来、47万台の自動車に実装…


カテゴリ  WAF | その他スマートデバイス関連 | IPS | ファイアウォール




 「Automotive World 2017」1月18日〜20日までの3日間、東ビッグサイトで開催された。「カーエレクトロニクス技術展(CAR-ELE JAPAN)」「EV・HEV駆動システム技術展(EV JAPAN)」クルマの軽量化技術展(Weight Reduction Expo)」「コネクティッド・カーEXPO(Connected Car JAPAN)」「自動車部品/加工EXPO(カーメカJAPAN)」といった5つの分野の技術展が開かれ、961社が参加した大規模イベントだ。 今回も多くの技術開発の進化を見ることができた。素材に関しては軽量化研究開発のレベルがかなり円熟していたし、車体だけでなく、各種部品の軽量化の試みも目覚ましい発展をとげており、技術者のこれまでの研究、開発努力に拍手を送らざるをえない状況であった。 その中でも最も大きな変化があったのは、やはりITだった。何だかちょっと縁の遠いもののように感じていた「コネクティッド・カー(Connected Car)」という言葉も今は身近になってきた。現在生産されている自動車一台に入るプログラミングコードは、私たちがよく使っているPC運営体制(OS、Operating System)のコードよりはるかに多く、またそれはどんどん多くなっている。自動車はもはや完全なITデバイスといっていいだろう。「コネクティッド・カー」とは、そのITデバイスがお互いにつながり、そしてインフラとつながる。これはもう未来のことではない。  他にも面白いと思ったのは、今までのイベントに比べて、来場者が質問を活発にしていたことだ。出展者側が客引きを派手に行う様子より、来場者が自発的にブースを訪れて質問している様子がとても多く見られた。自動車への高い関心がうかがえる。そこで今回は、3つの質問とそれに対する答えを通じて、自動車セキュリティ、ひいてはIoTセキュリティ最も根本的で源泉的な疑問を解消してみよう。


カテゴリ  認証 | IPS | ファイアウォール | フィルタリング


「MOT」に関するニュース



 GMO TECHは、店舗や施設のニーズに応じて柔軟にカスタマイズできるO2Oアプリ作成プラットフォーム「GMO集客アップカプセルPRO」の提供を開始した。本サービスでは、同社がコンサルティングから設計・構築を行うため、店舗側の手間をかけずにアプリを作成できる。スタンプカード機能やクーポンの配信、アプリの利用…


カテゴリ  開発環境/BaaS | その他スマートデバイス関連 | その他情報システム関連




 エムオーテックスは、ラックと協業し、サイバー攻撃リモート解析サービス「インシデント マネジメント サービス」の提供を4月25日に開始する。本サービスは、MOTEXのIT資産管理・情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」のオプション機能であるAIアンチウイルス「プロテクトキャット Powered by Cylance」のユーザ…


カテゴリ  アンチウイルス | セキュリティ診断




 エムオーテックスは、スマートデバイス管理(MDM)ツール「LanScope An」をNHN comicoが導入したと発表した。NHN comicoは、電子コミック・ノベル事業などを手がけるほか、スマートフォンゲーム事業を展開するNHN PlayArtなどグループ企業の事業持株会社でもある。増える検証端末の利用状況把握と適正なコスト管理…


カテゴリ  MDM | IT資産管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「MOT PBXのメリットデメリット」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ